生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
CAREの活動

CAREの活動

多岐にわたる分野からの包括的アプローチが強み

CAREは、世界70カ国以上の途上国や紛争地域に現地事務所を持ち、年間800億円にのぼるプロジェクトを実施しています。収入向上、教育、自立支援、保健、水と衛生、環境、コミュニティ開発など多岐にわたる分野からの包括的アプローチを強みとして、長期的視野に立った支援活動を展開するとともに、紛争や災害が生じた際には、世界中にはりめぐらされた国際ネットワークを生かし、世界各地の被災地で瞬時に緊急支援活動を行っています。

写真提供:ケア/ミルドレデ・ベリアルド

©CARE/Mildrede Beliard

写真提供:ケア/リック・ペレラ

©CARE/Rick Perera

写真提供:ケア/リチャード・ヴェッカー

©CARE/Richard Wecker

活動分野

実施プロジェクト

日本のCARE事務局であるケア・インターナショナル ジャパンが実施するプロジェクトは、こちらからご覧いただけます。
実施プロジェクトへ >>

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg