生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

9/8「国際識字の日」に東ティモールで唯一の学習雑誌を支援するキャンペーンを開始しました

[ 2017.9. 8 ]

当財団は、9月8日の「国際識字の日」につながる国際協力「スマイルギフトキャンペーン」を開始しました。

このキャンペーンは、1987年の設立以来、アジアとアフリカを中心に支援活動を展開してきた当財団が、2012年に東ティモール独立10周年を機に開始したものです。6年目にあたる本年の「スマイルギフトキャンペーン2017」は、6,600冊の学習雑誌「ラファエック」を東ティモールの農村部の人たちに届けることを目指します。農村部で配布することにより、経済機会、教育機会、情報へのアクセスが限られた人々に生活向上の機会を提供します。

2000年にCAREの東ティモール事務所が出版・配布を開始した現地語(テトゥン語)の学習雑誌「ラファエック」。テトゥン語の出版物が極めて少ない東ティモールにおいて貴重な情報源で、教科書の代わりとして活用されています。 フィロメノ・アレイショ・ダ・クルス駐日東ティモール大使も、「東ティモールの教育省も「ラファエック」の効果を認め、サポートしています。より多くの東ティモールの人たちに「ラファエック」を届けるために、日本の皆さまのキャンペーンへの温かいご支援をよろしくお願いします」と呼びかけています。

【キャンペーン概要】
・キャンペーン名:CAREスマイルギフトキャンペーン2017
・支援内容:東ティモールの現地語(テトゥン語)で編集、発行される唯一の学習雑誌「ラファエック」の印刷と配布を
 支援し、特に貧困層の多い農村部に6,600冊届けます。
・主  催:公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
・特別協賛:株式会社学研ホールディングス、葉山インターナショナルスクール
・協  賛:公益財団法人 日本手芸普及協会
・後  援:在日東ティモール民主共和国大使館
・期  間:2017年9月8日(国際識字の日)から2017年10月8日までの1ヵ月月間
・対象者 :主旨にご賛同いただける方であれば、どなたでもご参加いただけます(法人・個人)
・参加方法:オンラインクレジット決済またはゆうちょ銀行からのお振込み
 こちらからお申し込みいただけます。

【補足情報】
■「ラファエック」の概要
2000年にCAREの東ティモール事務所が出版・配布を開始した現地語であるテトゥン語の学習雑誌。
テトゥン語の出版物が極めて少ない東ティモールにおいて貴重な情報源となっています。
読み書き・計算に加え、生活に必要なスキル(例えば、乳幼児の保健や発育、衛生、教育、農業、貯蓄と起業など)を、イラストやクイズとともに、わかりやすく紹介・解説しています。未就学児・低学年向け、中学年向け(3~4年生)、成人向け、教員向けの4種類があります。

■キャンペーンの背景
アジアで一番新しい国である東ティモールは、国民の40%が貧困ライン以下で暮らす、アジアの最貧国の1つ。貧困層の85%が農村部で暮らしており、農村部と都市部との経済・教育格差が顕著となっています。
教育格差を例にあげれば、教育言語であるポルトガル語の識字率は、都市部で40%、農村部で18%。
高校への就学率は、都市部で30%、農村部で10%と低くなっています。その結果、農村部では十分な識字能力や計算能力を身に付けることができず、経済活動や家計の管理にも支障をきたし、親の識字能力の低さが子どもの栄養・健康状態、そして就学率にも悪影響となって現れています。農村部における地域の自立的発展を実現するには、脆弱度の高い世帯の生活能力を高めることが不可欠であるといわれています。

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg