生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

「フィリピン台風30号被災者支援緊急募金」へのご協力をお願いします

[ 2013.11.11 ]

typhoonboat.jpg

台風の上陸前にボートで避難する島民たち

CAREは、ここ数年では最大規模の国際緊急支援チームを編成の上、現地での緊急対応を行うとともに、世界的な緊急募金(目標金額5,000,000米ドル)を実施することを決定しました。
今後数か月にわたり30,000世帯への緊急支援を届けるとともに、中長期での復興支援を展開する予定です。

CAREは、1949年以来、同国での緊急支援および防災支援などを通じて、支援活動を実施してきた実績があります。
また近年では、2009年のKetsanaや2012年Bophaなどでも対応をしました。

dyphoondamage.jpg

自然災害が発生する前から貧困の中にいる人々は、
今、さらなる苦境に置かれています

さらに、今回同様に被害を受けているベトナムにおいては、国連や政府機関、現地NGOとの密な連携のもと、1989年より現地事務所を設置して、中長期的な開発支援を展開しています。

ぜひ、同エリアでの実績と信頼のあるCAREを通じて、効果的かつ効率的な緊急支援の実現に向けてサポートをお願いいたします。CAREは、確実に「最も支援を必要とする人々」に支援を届けます。最も弱い立場にある人々への緊急支援へのご協力をお願いします。


〈数字で見る被害の状況*〉
•死者数:151名
•負傷者数:23名
•被災者数:4,459,468名(982,252世帯)
•避難者数:477,735名(101,762世帯)
*11月10日(日曜日)午前6時(日本時間午前7時)時点のフィリピン国家災害リスク削減管理委員会発表による。

〈お預かりした寄付金は、例えばこのような支援活動に活用させていただきます〉
•3,000円で、お米や肉・魚の缶詰などが入った食料バッグを2つ配ることができます。
•7,000円で、歯ブラシ、石けん、タオル、生理用品などが入った衛生キットを4つ配布することができます。
•10,000円で、プラスチックシートなどが入った避難住居用キットを3つ配布することができます。

【ご寄付の方法】
1.オンライン募金(クレジットカードがご利用いただけます)
2.郵便局からのご送金
〈口座番号〉 郵便振替 00150-4-49006
〈加入者名〉 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局(ゆうちょ銀行)の窓口からのお振込の場合、振込手数料が免除されます。
※ATMおよびゆうちょダイレクト(パソコン、携帯、電話、FAX)では振込手数料が免除となりませんのでご注意ください。

【注意事項】
お振込み手数料が免除になります。お振込みの際には郵便局窓口でその旨お申し出ください。
振込用紙の通信欄に「フィリピン(W)」と明記してください。なお、これらの記載のないものは、一般寄付として処理させていただきますのでご注意ください。
*ケア・インターナショナル ジャパンへのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。詳細については、こちらをご覧ください。なお、寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。

【領収書発行を希望する皆様へ】
①オンライン寄付の場合:「領収書の発行を希望する」の項目にチェックを入れて下さい。
②郵便局からの送金の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

関連記事
CAREはフィリピン中部の台風で最も被害を受けた30,000世帯に支援を届けます

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • (12月21日更新)

    女性企業家 x 事務局長 リレー対談
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg
-->