生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

現地からの最新リポート

[ 2007.7.20 ]

現地のパートナーと実施中の巡回診療

現地のパートナーNGOと実施中の巡回診療

シンド州Kamber-Shahdadkot県Shahdadkotを視察してきました。現場は摂氏30~50度でかなりの暑さです。まだ水が引かないので、木陰を利用することもできません。布製のテントやベットで日差しを避けています。CAREと現地パートナーNGO(Takhleeq Foundation)が物資配布と簡易診療所を実施しています。

衛生面には十分配慮していますが、下痢、皮膚感染病が多く発生しています。また、避難所は道路沿いの空き地や学校、公共施設などを利用していますが、部族や風習の違いから、女性や子どもは差別や虐待を受け、安心して避難生活を送れないとのことです。男性は被災地に残って家を守っていることが多く、避難所にいる家族を守ることができていません。
(ケア・インターナショナル ジャパン スタッフ 武田 勝彦)

洪水で被害を受けた家屋と水の引かない周辺

洪水で被害を受けた家屋と水の引かない周辺

現地
道路沿いに立ち並ぶ避難所のテント

道路沿いに立ち並ぶ避難所のテント

避難所
避難所のテント内の樣子

避難所のテント内の樣子

避難所で生活する人々

避難所で生活する人々

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
広報担当
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
e-mail:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg