生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

2019年支援者アンケートご協力へのお礼といただいたご意見への回答をお伝えします

[ 2020.3. 8 ]

surveythankyouphoto.jpg 当財団では、毎年、支援者さまへのサービス改善・充実、そして広報および支援者拡大に向けてのヒアリングを目的として、支援者さまを対象としたアンケート調査を実施しております。

2019年も、11月に郵送とオンラインを通じてアンケートを実施いたしました。アンケートにご協力いただいた皆さまにおかれましては、たくさんの貴重なご意見、応援のお言葉をいただき誠にありがとうございました。

本アンケートにおいて、貴重なご意見を多くいただきましたので、以下の通り、ご紹介させていただくとともに、一部のご意見、ご質問等に対して、当財団からコメントさせていただきます。どうぞご一読ください。

■ニュースレターに関して、今後どのようなトピックを取り上げて欲しいですか?

【皆様からのご回答(原文のまま)】:
・支援先の様子
・現地での活動
・写真が多めだと現地の様子がわかってよい
・プロジェクトなどで実施した数値的成果や、リサーチ結果など
・成果および参加できるもの
・一般のメディアが取り上げないが重要と思われる情報
・年2回発行のようなので、支援事業の実施状況の少し詳しい情報を入れて欲しいと思います。紙面の都合で難しい場合は、ホームページに掲載してもらい、その場所をニュースレターで参照してもらうとアクセスしやすいと思います。また、事業そのものの情報のほかに、ケアがその事業のマネージメントにどのように関わっているかを紹介する情報も入れて欲しいと思います。
・トップの交流がわかればよい
・イベント情報
・Walk in Her Shoes

【CAREコメント】:
多くのご意見をありがとうございます。現地で行われている事業の様子や、成果についてのご要望が多く寄せられました。紙面の都合上、すべてを十分にご報告することができておりません。今後も、写真や受益者の声などをできる限り多く用いながら、現地の温度感の伝わる紙面作りに努めてまいります。また、活動内容のみならず、事業の成果と課題についてもニュースレターや年次報告書において、定期的にご報告してまいります。さらに、ウェブサイトやメールマガジン、SNSでも、国内でご参加いただける各種イベント情報や、現地駐在員からの最新情報などを配信しておりますので、ぜひ、併せてご覧いただきましたら幸いです。




■CAREに対してご意見・ご要望がございましたら、ご自由にお書きください。

<寄付の方法に関して(原文のまま、以下同様)>:
・クレジットカードでウェブ経由で寄付するので振り込み用紙は資源の無駄なので不要。そういう希望を受け付ける欄とかあると助かります。
・ネットバンク経由での寄付が出来るようにして欲しい。
・クラウドファンディングでの寄付は、通常寄付(郵便局)と併用が良いと思う。

【CAREコメント】
貴重なご意見をありがとうございます。
・振込用紙について、まずは、お心遣い感謝申し上げます。オンライン寄付フォームのシステムの関係上、フォーム内にそういった欄を設けることができない仕様になっており実現できておりません。しかしながら、コスト削減と活動の効率化を考え、今後、お送りするニュースレター内で、振込用紙送付が不要の方のご希望を受け付けられるよう、体制を整えてまいります。
・ネットバンク寄付のご要望をありがとうございます。今後、支援者さまのニーズを踏まえ検討してまいります。
・クラウドファンディングへのご意見をありがとうございます。通常クラウドファンディングは、インターネット上で広く支援を募る形式をとっており、昨年当財団が実施したものもそのように対応させていただきました。ご要望を踏まえ、郵便振替などの方法も併せて行う方法も今後検討してまいります。


<ダイレクトメール等の寄付のお願いに関して>
・紙媒体のDMが多すぎる。寄付による効率的な運営がエコノミックにできているのか疑問に思う。
・寄付自体は私の意思だが、あまり勧誘のようなこと(電話連絡や頻回のDMなど)をされると困惑する。そのコストを支援にまわしてもらいたい。

【CAREコメント】
貴重なご意見をありがとうございます。また、こうしたご連絡は、決してご寄付を強要するものではございません。困惑されご気分を害されたならばお詫び申し上げます。 郵送物の回数に関しては、毎年支援者さまへのアンケートを通して、適切かどうかのヒアリングを行っており、現在の頻度となっております。さらに、このような郵送物やお電話での勧誘に関しては、都度、費用対効果を計測して効率的な運用に努めております。 郵送物や電話連絡を希望されない方は、停止ができますので、以下のメールあるいは電話番号にご連絡いただければ幸いです。どうか、今後とも当財団の活動にご理解いただきますようお願い申し上げます。


<性別欄に関して>
・アンケートとはいえ性別欄には配慮を。以前寄付申し込みのところで同様の申し入れをしましたが、忘れられたようで残念です。
・これからも応援しています。アンケートですが、性別の二択は、「その他」を追加などもっと柔軟にできると思います。

【CAREコメント】
ご意見をいただきありがとうございます。以前、支援者さまからのご意見も踏まえ、オンライン寄付フォームへの性別欄の廃止、および各種登録フォームの性別欄を任意項目にし、「その他」を追加する対応を行いましたが、アンケートにおいて、同一の対応ができておりませんでした。心よりお詫び申し上げます。次回以降実施の際は、性別欄の任意項目化および「その他」の選択肢追加を行わせていただきます。


<歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンに関して>
・WiHSでは、私が個人で参加している様子を見て、参加してくれた会社のOBも現れました。活動を続け、機会を設けることで参加する人は確実に増え、裾野は広がります。イベント企画・実行は大変な労力かと思いますが、少しずつでも広がるよう、がんばっていただければと思います。
・「歩く国際協力」など、今の活動を継続して続けてほしい。

【CAREコメント】
温かいメッセージをありがとうございます。歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンは今年で9回目となり、ご支援者さまのご協力のおかげで、参加者は年々増加し支援の輪が拡がっています。今後も尽力してまいりますので、ぜひご参加をよろしくお願い申し上げます。


<ホームページに関して>
・ホームページについては、いろいろな情報が見れていいと思いますが、ニュースレターや年次報告書を見て詳しい情報を知りたいと思ったときにすぐにアクセスできるように、リンクを張った電子媒体の形でメールでも配布して貰うと、もっと利用を広げられると思います。

【CAREコメント】
貴重なご意見をありがとうございます。ニュースレターや年次報告書はホームページ上でもご覧いただけるようになっておりますが、PDFでの掲載のみに留まっております(詳しくはこちら)。今夏をめどに、ホームページのリニューアルの計画を進めておりますので、ニュースレターや年次報告書のデータについても、よりわかりやすくご覧いただけるよう、改善してまいります。


<年次報告書に関して>
・年次報告書では、どちらかというと事業の目的や課題と実施内容が紹介されていますが、成果についての情報(例えば、東ティモールの農村での識字率の変化など)も出来るだけ紹介して欲しいと思います。数値で評価するためにはそれなりの調査が必要で、難しい面もあると思いますが、プロジェクトの評価には必要なことですし、支援者にとっても関心のある情報だと思いますので、定性的な中間報告でもいいので、そのような視点の情報を入れて貰うとより関心が高まるように思います。

【CAREコメント】
貴重なご意見をありがとうございます。おっしゃる通り、事業評価は、事業を進めていく上で大事なプロセスであり、当財団実施の事業も中間評価および終了時の評価を行っております。紙面の都合上、ご報告が十分にできておらず申し訳ございません。詳細の情報につきましては、お応えできる範囲でお伝えできるようにすると同時に、随時開催しております駐在員等による事業報告会でも、ご説明できるよう努めてまいります。


<その他のご意見>
・今後とも、よろしくお願いします。
・益々の活動をお願いいたします。
・事業を長く続けて頂きたいと思っています。
・国際情勢についての報道を知ることが、CAREと事業の意義を知ることになりますので、少しふやしてほしいです。
・限られた人数と予算で一生懸命頑張っていらっしゃると思いますが、やはり知名度アップが課題でしょうか。
・支援を受けている女性の意見が要望などを聞きたいです。
・身近な国のケア組織の紹介や交流を企画してみるのはどうでしょうか。
・イベントに参加したいと思いつつ、なかなか参加できなくて、残念です。

【CAREコメント】
その他にも、数々のご意見、メッセージをいただきありがとうございました。これからも、最も困難な状況にある人々に支援を届けるため、スタッフ一同尽力してまいります。どうぞお見守りくださいますようお願い申し上げます。



皆さまからいただいたご意見は、今後の当財団の活動に活かして参ります。
今後とも、ご声援くださいますよう、お願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg