生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

ガーナ駐在員便り(事業のエンドライン調査)

[ 2019.3. 7 ]

モバイルパッドの使用方法を教える.jpg

モバイルパッドの使用方法を教える


お久しぶりです。ガーナ駐在員の宇佐美です。
ガーナ北部の乳幼児栄養改善事業が終了するにあたり、エンドライン調査を行いました。このような開発プロジェクトでは、事業実施前にベースライン調査、終了時にエンドライン調査を行い、効果を検証します。

対象乳幼児の体格や栄養状態から、住民の方々の栄養・社会通念の意識変化まで調査項目は多岐にわたります。面接によって選抜された12人の調査員は6人ずつ2チームに分かれ、フィールドに散って調査を行いました。
調査を容易にするため、モバイルパッドを使って、クラウドコンピューティングで集計する手法を用います。ここでは調査員の皆さんの訓練の模様を写真で紹介します。


訓練を受ける調査員.jpg

訓練を受ける調査員

乳幼児の体格測定器の使用法を教える.jpg

乳幼児の体格測定器の使用法を教える













【関連記事】
ガーナ駐在員便り(VSLAシェアアウトを視察)
ガーナ駐在員便り(最後の調理実演)
ガーナ駐在員便り(保健所のお話し)
ガーナ駐在員便り(ガーナの農業のこぼれ話)
ガーナ駐在員便り(味の素ファンデーションとのフィールド視察)
ガーナ駐在員便り(調理実演と寸劇)
ガーナ駐在員便り(ガーナの「国際女性の日」)
ガーナ駐在員便り (ハマタン、そして乾期)
ガーナ駐在員便り (会議にもお国柄?)
ガーナ駐在員便り (北部のナグブー訪問)
ガーナ駐在員便り(遠隔地の村へ 村長を表敬)
ガーナ駐在員便り(ディンダニなどでフィールドスタッフと活動)
ガーナ駐在員便り(アクラ着任)
ガーナ駐在員便り(「KOKO plus(ココプラス)」需要創出のためのトレーニングを行いました)
ガーナ駐在員便り(タマレに全員集合!定期のスタッフ振り返り会議を行いました)
ガーナ駐在員便り(フィールドレポート)
ガーナ駐在員便り(ガンガバで事業始動!)
ガーナ駐在員便り(ナレリグのたくましき現地女性スタッフ)
ガーナで新たに「乳幼児の栄養改善事業」を開始しました

【関連情報】
■ガーナ:乳幼児の栄養改善事業

実施プロジェクトを支援する方法

CAREのサポーターになって活動を支えるさまざまな方法があります。

支援する >>

►今すぐ寄付する
オンライン募金

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg