生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

ガーナで新たに「乳幼児の栄養改善事業」を開始しました

[ 2016.3. 3 ]

SigningCerem.JPG

在ガーナ日本大使館で行われたプロジェクトの署名式の模様

今般、外務省の助成を受け、これまで当財団がガーナで行ってきた「ソーシャルビジネス事業」の規模と対象地域を拡大して、「乳幼児の栄養改善事業」として、赤ちゃんの栄養改善を目指すとともに、貧困層の女性たちが起業家として活躍できる環境づくりを支援します。

■目指すこと■
この事業では、対象地域において、2歳未満児の栄養と健康状態の改善を目指すとともに、両親を含む保護者の果たす役割が重要であることから、主に保護者を対象にした栄養啓発と食習慣の改善を図ります。また、家父長的文化が残るガーナ北部では、女性は家計に関わる決定の場で、往々にして排除される傾向があります。女性の経済的なエンパワメントが、ジェンダーの平等を進め、生活の向上に大きく寄与することから、本事業においても、引き続き、女性の起業家の育成を目指します。

事業の背景、主な活動の詳細については、こちらからご覧いただけます。


hayami2.JPG

早水 綾野 プロジェクト・マネージャー

~ガーナ駐在員から~
「I am powerful」というCAREのコピーを聞いたことがありますか?
「現地の人々のパワーを信じてサポートする」というそのアイデアは、私が現地に入るときのポリシーそのもの。
現地の人々が思いきり頑張れる環境づくりをするのが私の仕事です。実際、パワフルな仕事人と何かをやり遂げたときの喜びは、一生の宝物。ガーナの人に寄り添い、お互いに切磋琢磨しながら成長し合えるプロジェクトを目指して、頑張ります。



【関連情報】
ガーナ:ソーシャルビジネス事業
第3回「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」表彰式で理事長がスピーチをしました(2015年6月1日)
第3回「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」で大賞を受賞しました(2015年4月30日)

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg