生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

インドネシア・スラウェシ島地震:衛生キットの配布を開始しました

[ 2018.10.18 ]

hygine_kits.jpg ジャカルタ(2018年10月17日)
CAREは、向こう数日間にわたり、およそ1,000世帯に衛生キットを配布する予定です。主に、スラウェシ島で地震と津波の被害を最も受けた人々に届けられます。被災者にとって、安全な水の不足や、衛生施設へのアクセスが限られていることが大きな課題となっています。

「人々は、家など全てを失い、その体験はトラウマとなっています。また、発熱や下痢のなどの病気の流行の兆しも見られます。そして何よりも、人々は、依然として続いている余震におびえながら暮らしています」とCAREインドネシアの緊急コーディネーターのWahyu Widayantoはいいます。

CAREのニーズ調査によると、地震と津波による被災者の80%以上の人が、家屋に損壊があったため、余震を恐れて家の外で暮らしています。また、その内、約30%の人々は、共同の井戸や川から飲み水を汲んでいるため、安全な飲み水へのアクセスがありません。CAREは、これらのニーズに応えるため、バケツと浄水タブレットを配布しています。

CAREインドネシアは、最も遠くに位置し、コミュニティにアクセスするのが困難で最も被害を受けた地域であるPaluやDonggala、Sigiで活動しています。

CAREの衛生キットには、石鹸や浄水タブレット、バケツ、洗濯洗剤が含まれています。また、生理用品など女性や女子に向けたものも含まれています。「特に共同の避難所や路上で暮らす女性たちは、赤ちゃんのミルクや生理用品が尽きてしまうことが大きな心配事だといっています。また、彼女たちは、自分の家に帰ることができるのか、そしてこの災害の後、家を再建することができるのかととても心配しています」とWidayanto緊急コーディネーターは続けます。

CAREは、今後4年間にわたり、緊急支援と長期的復興支援を行う活動資金として1,500万ドル(15億円相当)の寄付を呼びかけています。

  Widayanto緊急コーディネーターも言うとおり、「多くの土地は、泥の液状化によって破壊されました。これは、食糧源と収入源の双方に影響を与えました。収穫ができなければ、影響は長引くでしょう。今後、CAREは、彼らの自立を支援すべく、現金支給も検討しています。」

【インドネシアでの支援活動実績】
CAREは、1967年にインドネシアでの活動を開始しました。当初は、食糧の配布、小規模インフラ、保健、気候変動、水と衛生などの事業を行っていましたが、2004年の南アジアの津波以降、CAREインドネシアは、初動の緊急対応を行う事務所の一つとして機能しています。

女性と女子にフォーカスした緊急支援対応や災害リスク軽減対策は、CAREインドネシアの最優先事項です。その他の主な活動(災害に対する回復力の強化、食の安全保障と気候変動、経済的エンパワメントとリーダーシップ、水と衛生など)全てにおいて女性と若年層にフォーカスしています。

【関連情報】
インドネシア・スラウェシ島地震:主な支援物資の調達を開始しました
インドネシア・スラウェシ島地震:死者数が増える中、支援の届きにくいPalu北部地域での支援活動に注力します
インドネシア「スラウェシ島地震被災者緊急支援募金」へのご協力をお願いします
インドネシア地震:CAREの対応について

【ご寄付の方法】
1.オンライン募金(クレジットカードがご利用いただけます)
※支援の種類を「今回の寄付」を選択の上、寄付の使途を「インドネシア スラウェシ地震 被災者支援事業」をお選びください。

2.郵便局からのご送金
〈口座番号〉 郵便振替 00150-4-49006
〈加入者名〉 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン

【ご注意事項】
*お振込み手数料が免除になります。お振込みの際には郵便局窓口でその旨お申し出ください。
*振込用紙の通信欄に「インドネシア(W)」と明記してください。なお、これらの記載のないものは、一般寄付として処理させていただきますのでご注意ください。
*ケア・インターナショナル ジャパンへのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。詳細については、こちらをご覧ください。なお、寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。

【領収書発行を希望する皆様へ】
①オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
②郵便局からの送金の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg