生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

New! 東ティモール駐在員便り(その1: Laubonu村とObulo村を訪問)

[ 2018.9. 5 ]

faforsa3.jpg 新しく東ティモールの駐在員になりました平山です。
山際より「農村地域の生計向上事業」を引き継ぎ8月よりプロジェクト・マネージャーとして活動しています。
東ティモールには2013年から2016年の2年3ヵ月の間、青年海外協力隊として活動していたことがあり、今回で2度目の滞在となります。2回目の東ティモールは少しずつですが変わった部分を発見し、月日の流れを感じております。

haforsa1.jpg haforsa2.jpg さて、農村地域の生計向上事業は、最終年次を迎え活動も益々活発となってきました。今週は、現地協力団体のEmpreza DiakとともにLaubonuとObuloの2つの村で農民グループに対して会計研修を実施しています。各村とも2日間かけて、数の数え方や電卓の使い方や出納帳の付け方を中心に、マーケットで作物を販売する際に必要な知識に関する研修を行っています。

1日目の研修を終えて、参加者のLaubonu村のマニュエラ・カルメさん(女性)は、「今日は電卓の使い方を学びました。今まで使い方を知らなかったけど、計算が正確で速くできることが分かった。以前は、手や暗算で計算していて間違うこともあったけど、これからは電卓を使ってみたいです」と話してくれました。

私も、農村地域の生計向上事業を通じて、コミュニティの人たちが知らなかったことを知る瞬間に立ち会えてとてもうれしく感じております。これから事業のチームとともに一生懸命がんばってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

【関連記事】
東ティモール駐在員便り(その17:帰国しました)
東ティモール駐在員便り(その16:3年次開始にかかる署名式)
東ティモールで新たに「農村地域の生計向上事業」を開始しました

【関連情報】
東ティモールで新たに「農村地域の生計向上事業」を開始しました
東ティモール:農村地域の生業向上事業
東ティモール:学習雑誌「コミュニティラファエック」を通した農村地域の自立支援事業

【関連情報】
CARE × 佐藤慧 フォトギャラリー
「歩き出した東ティモール」
CAREフォトギャラリー「~Lolo sae~ 東ティモールの日の出」

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg