生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

New! 東ティモール駐在員便り(その7:事業終了前の振り返り会議)

[ 2019.5.27 ]

TL_wrap_up1.JPG こんにちは。東ティモールの平山です。
先々週(5/5の週)にアッサベ、先週(5/12の週)に首都ディリで、「農村地域の生計向上事業」の終了前の振り返り会議を2回行いました。

アッサベでの振り返り会議では、農民グループの代表者数名に加えて、エルメラ県農業局局長や同局の農業普及員、そしてアッサベ地域自治行政局の局長などを招き、3年にわたる事業の活動内容やその成果の報告を踏まえて、事業終了後に農民グループがどのように活動を行っていけるのかなどを話し合いました。

農業局局長は「事業が終わって全て終わりではなく、この経験を活かして他の農民と協力し合いながら今後も活動を続けてほしい」と農民グループ側参加者たちに対して励ましの言葉を伝えました。農民グループ側からは、農業に関する知識と経験が増えていったことやそれに伴って収入も増えたことに対する感謝が述べられました。

先週は、ディリにおいて、日本の東京事務所から出張にきていた加藤とCARE東ティモールのディリ事務所の副プロジェクトマネージャーとともに、農業省農業園芸普及局局長に対して、最終年度や過去3年の活動報告を行い、アッサベでの振り返り会議の結果を報告しながら、この事業がどのように東ティモールの「国家開発戦略(2011年-2030年)」の農業経済開発分野における目標達成に貢献できたのかなどを話し合いました。

TL_wrap_up2.JPG 東ティモールでは国内の野菜消費量の50%以上を海外からの輸入に頼っています(フルーツの輸入量も含む)。また、事業実施前の対象農民グループにおいては、野菜栽培などの収入で年間100ドルを超える農民は皆無でした。しかし、最終年度では全体の57%の農民が100ドル以上の収入を得ることができました。これにより、同地域の野菜の地域生産・地域消費と農民の収入向上に貢献したことなどを報告しました。

農業省の局長が、「この事業は異常気象などの影響を受けるなど、3年間で様々な困難に直面してきたことをよく理解しています。しかし、事業の最終年度で収穫が予定通り行えて、アッサベの農民の収入向上に貢献していただいたことに大変感謝しています」とのコメントをいただきました。

この事業は5月で終了するため、活動期間も残りわずかとなりました。私が着任してからこの10ヵ月間でも、害虫被害の発生や雨季の土砂崩れで道が塞がってしまい思うように活動が進まない時期などがあり様々な困難がありました。しかし、受益者の農民の方々からアッサベで事業を実施してくれて大変ありがたかったという言葉をいただき、私もサポートしてくださった支援者の方々や事業に一生懸命参加してくれた農民の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。残りわずかではありますが、引き続きがんばっていきます。

TL_wrap_up3.JPG 【関連記事】
New! 東ティモール駐在員便り(その6:男女平等研修とジェンダーに関する意識と行動変容)
New! 東ティモール駐在員便り(その5:第一回ネットワーク会議開催)
New! 東ティモール駐在員便り(その4:スーパーマーケットにて玉葱の販売開始!)
New! 東ティモール駐在員便り(その3:農薬を作ってみよう!)
New! 東ティモール駐在員便り(その2: 収穫祭)
New! 東ティモール駐在員便り(その1: Laubonu村とObulo村を訪問)
東ティモール駐在員便り(その17:帰国しました)
東ティモール駐在員便り(その16:3年次開始にかかる署名式)
東ティモールで新たに「農村地域の生計向上事業」を開始しました

【関連情報】
東ティモールで新たに「農村地域の生計向上事業」を開始しました
東ティモール:農村地域の生業向上事業
東ティモール:学習雑誌「コミュニティラファエック」を通した農村地域の自立支援事業

【関連情報】
CARE × 佐藤慧 フォトギャラリー
「歩き出した東ティモール」
CAREフォトギャラリー「~Lolo sae~ 東ティモールの日の出」

実施プロジェクトを支援する方法

CAREのサポーターになって活動を支えるさまざまな方法があります。

支援する >>

►今すぐ寄付する
オンライン募金

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg