生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

「あつめて国際協力」参加校・三重県松阪市立殿町中学校 イベント・ボランティア委員会が2つの賞を受賞されました

[ 2016.4.12 ]

matsuzaka1.JPG

松阪市立殿町中学校委員会メンバーの皆さま

三重県松阪市立殿町中学校では、イベント・ボランティア委員会が中心となって、2013年から「あつめて国際協力」の活動を通じ、CAREがアフガニスタンで実施している「遠隔農村地域におけるコミュニティ運営による初等教育事業」などにご協力をいただいております。

校内で「学校に行こうプロジェクト」と称して活動し、3年間で100名を超えるアフガニスタンの子どもたちが学校に通うことができる支援につながるもの(書き損じはがき、使用済み切手など)を集めて下さいました。


matsuzaka2.JPG

あつまった使用済み切手を仕分けています

イベント・ボランティア委員のメンバーは、学内のみならず教育委員会や母校の小学校に「あつめて」ボックスの設置をお願いし、回収を行っています。
また、地元紙で、この取り組みが紹介されたことにより、地域の方々が学校にあつめたものを持参して下さるケースもあるとのことです。

そして、今般、この活動によって、二つの賞を受賞されました。

1つ目は、2015年10月のボランティアスピリットアワード コミュニティ賞です。この賞は、1995年にアメリカの金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルが開始した青少年を対象としたボランティアを支援する賞です。

087fdfc4cc52d69653e7539e0695f4bf5cdded2c.JPG

「学校に行こうプロジェクト」に取り組んでいます

2つ目は、2015年12月の三重県教育委員会主催の「中学生からの提案・発信」コンテスト 最優秀賞の受賞です。このコンテストは、三重県教育委員会が「グローバル三重教育プラン」のとりくみの一環として、中学生が課題解決力やコミュニケーション力、英語力、郷土への愛着などを育み、積極的に自らの考えや意見を発信することをねらいとして平成26年度から開催しているコンテストです。

これらの賞を受賞された松阪市立殿町中学校 イベント・ボランティア委員会の皆さまに心からお祝いを申し上げます。



matsuzaka4.JPG

校区の小学校へ「あつめてボックス」の設置のお願いに
「あつめてボックス」の型紙はこちらからダウンロード

CAREは、これからも松阪市立殿町中学校 イベント・ボランティア委員会の皆さまのような若いチカラに支えられ、「あつめて国際協力」の活動に注力していきたいと思っています。


【関連情報】
あつめて国際協力とは
アフガニスタン:遠隔農村地域におけるコミュニティ運営による初等教育事業Ⅱ


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
「あつめて国際協力」係
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:atsumete@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg