生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

田中由美子理事が令和元年度外務大臣表彰を受賞しました

[ 2019.7.23 ]

この度、当財団の理事を務める田中由美子・城西国際大学招聘教授が令和元年度外務大臣表彰を受賞しました。
この表彰は、同理事のこれまでの、ジェンダーに関連した技術協力分野での国際協力の推進における功績が認められたものです。

当財団としても、今後とも、同理事とともにジェンダー平等に向けた取り組みに一層邁進していきたいと思っておりますので、引き続き、皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


MsTanaka2019.jpg 田中 由美子 理事(城西国際大学招聘教授)
(独)国際協力機構(JICA)の国際協力専門員として、1990年~2017年までアジアやアフリカ、中近東において女性の経済的エンパワメント、農業・農村における女性の生活向上支援、女性と子どもの人身取引対策、災害リスク削減とジェンダーなどの分野で国際協力を実践。1981年から1990年までは、国連職員(UNIDOとUN-ESCAP)としてアジア・太平洋地域で国際協力を実施。2018年3月からは、国連女性の地位委員会(CSW)日本代表を務める。そのほか、ケア・インターナショナル ジャパン理事、男女共同参画と災害・復興ネットワーク副代表、国連ウィメン日本協会理事など。立教大学、筑波大学、国際基督教大学などで非常勤講師。2017年9月から現職。近著に『「近代化」は女性の地位をどう変えたか―タンザニア農村におけるジェンダーと土地権をめぐる変遷』(新評論、2017年度国際開発研究大来賞)、『はじめてのジェンダーと開発―現場の実体験から』(白水社、共著)など。国際基督教大学卒、マンチェスター大学経済社会学修士、東京大学国際協力学博士。


【関連記事】
国際女性デー:当財団理事による寄稿
3/9(土)「国際女性デー2019」記念イベント・トークセッション&途上国の女の子の1日体験イベントを開催します
当財団理事が「国際開発研究 大来賞」を受賞しました(2017年12月)

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: event@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg