生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

ミャンマー難民緊急支援事業:CAREはモンスーン対策に取り組んでいます

[ 2018.4.10 ]

0410myanmar.jpg バングラデシュの南東にあるコックスバザールには、世界最大の難民キャンプがあります。4月から続いている荒天は、熱帯低気圧とともに、大雨、沿岸洪水、高潮をもたらしましたが、それももうすぐ終わりを告げようとしています。しかし、6月から始まるモンスーンを踏まえ、状況は更に悪化すると予想され、今後の活動継続が懸念されています。

脆弱な避難所は、崩壊の恐れがあり、難民たちはまた別の場所に移るか、更に悪い状況に直面する可能性があります。「ここで最も嫌なことは、子どもたちが不衛生になり、病気になることです」と7人の子どものシングルマザーのアロマさん(45歳)はいいます。「子どもたちの将来が心配です。食糧と安全な飲み水が更に必要です」とコックスバザールにいる883,868人の難民の一人であるアロマさんは訴えます。

「コックスバザールの避難所にたどり着くために、とても急な坂を登らねばならず、時には手や指を使っています」とCAREバングラデシュ事務所のジア・チョードリー事務局長はいいます。「モンスーンが始まってしまうと、難民たちが自分たちで作った一時しのぎの避難所は破壊され、今よりも更に困窮した状況におかれてしまいます。」

CAREは、来るモンスーン対策を始めており、これまで、22,000人の難民に物資を配布しました。具体的には、追加の防水シート、竹、土嚢、ロープ、避難所を補強するための道具です。加えて、排水溝を整備し、段を作り、道路を清掃し、街灯やごみ箱を設置するとともに、井戸や仮設トイレも設置しました。

CAREは、現在、CAREが運営するポティボニア難民キャンプから、洪水と地滑りの危険のある810世帯の転住を行っています。また、地滑りから他の避難所を守るための壁の建築も行っています。

「ミャンマー緊急募金については、これまでに目標額の半分以上を達成しているものの、追加の資金がなければ、困窮する難民たちは更に劣悪な状況におかれるだけです」とチョードリー事務局長は更なる支援を訴えています。

▶今すぐ支援する>>(クレジットカードがご利用いただけます)
※支援の種類を「今回の寄付」を選択の上、寄付の使途を「ミャンマー難民緊急支援事業」をお選びください。

【関連記事】
「ミャンマー難民緊急募金」へのご協力をお願いします
ミャンマー難民緊急支援事業

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg