生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

「ミャンマー難民緊急募金」へのご協力をお願いします

[ 2018.1.15 ]

myanmar_Refugees.png

2017年夏にミャンマーのラカイン州北部で起きた武装勢力と治安部隊との戦闘行為により、隣国バングラデシュに逃れる難民の人々が急増しています。その数は2017年8月25日から約65万5,000人(2018年1月7日現在)にのぼり、その多くが移動にお金を費やし、着の身着のまま、何も持たずにバングラデシュに到着しています。

およそ80%が女性や子どもたちであり、妊婦も多く含まれています。乳幼児を抱えながら、幾日もかけて素足のままジャングルや川を越え、バングラデシュにたどり着いています。また、混乱の中、両親や家族とはぐれて一人で逃れてくる子どもたちの数は2万人を超えています。

CAREバングラデシュ事務所のジア・チョードリー事務局長は、「20年にわたり人道支援を行ってきた中で、最悪の事態だ」といいます。

バングラデシュのバルカリ難民キャンプでは、入国者の半数以上が、竹などの木材や防水シートで脆弱な避難場所を作り暮らしています。そして、多くの人々が1日1食の生活を強いられ、子どもたちには重度の栄養失調が報告されています。また、あるキャンプでは、6,000人以上もの人々が、たった3つのトイレを共有し、1週間以上体を洗うことができない状態にあります。今後、こうした劣悪な衛生環境下で、コレラの流行や水に起因する感染症の蔓延が懸念されています。さらに、過去数カ月間に暴力を目撃したか、経験した女性の割合は99%にも及び、多くの女性たちが暴力の危機にさらされています。

このような最悪の状況において、住居や食糧、水、トイレ等の衛生設備、保健サービスなどの一刻も早い人道援助が求められています。CAREは、これまでに、食糧や生活必需品の配布、保健衛生、栄養改善の支援を通じて、19万人以上に支援を届けています。さらに、急性栄養失調治療のための技術提供を行い、約20万人の子どもたちを間接的に支援しています。

今後CAREは、緊急支援、そして長期復興支援も視野に入れ、最初の12カ月間の支援活動に必要な資金として、総額1,000万ドルの寄付を世界中で呼びかけています。日本においても、緊急募金を開始いたします。皆さまのご支援を心よりお願い申し上げます。

【あなたのご寄付でこのような支援が可能になります】
7,000円で、15日分の食糧パッケージを1家族に提供することができます。
10,000円で、緊急避難住居を1家族に提供することができます。
16,000円で、10世帯が使用できる衛生的なトイレを設置することができます。

【ミャンマーでの支援活動実績】
CAREは、ミャンマーにおいて、1995年より、政府機関や現地団体と協力し、支援活動を行ってきました。CAREは、公平性と中立性の人道的原則のもと、ラカイン州の貧しい人々や脆弱な家族を支援しています。ラカイン州北部においても、20年間活動を行ってきましたが、2017年8月下旬の武力衝突以降、国際NGOや国連のアクセスは制限されています。現在の人道危機以前は、CAREは160以上の村で活動し、約22,000世帯の生計向上やコミュニティ開発の分野で支援していました。

【バングラデシュでの支援活動実績】
CAREは1949年にバングラデシュで活動を開始し、国内における災害や人道支援活動に対応した豊富な経験を持っています。 CAREバングラデシュは、ミャンマーとの国境に位置するコックスバザールにおいて、長年にわたり避難所を探し求めて来た多くの避難民に対し、食糧安全保障、災害リスク削減、女性のエンパワメント、緊急支援の分野において活動してきました。過去5年間では、CAREバングラデシュは45万人以上の人々に対し、人道支援活動を行っています。

【ご寄付の方法】
1.オンライン募金(クレジットカードがご利用いただけます)
※支援の種類を「今回の寄付」を選択の上、寄付の使途を「ミャンマー難民緊急支援事業」をお選びください。

2.郵便局からのご送金
〈口座番号〉 郵便振替 00150-4-49006
〈加入者名〉 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン

【ご注意事項】
*お振込み手数料が免除になります。お振込みの際には郵便局窓口でその旨お申し出ください。
*振込用紙の通信欄に「ミャンマー(W)」と明記してください。なお、これらの記載のないものは、一般寄付として処理させていただきますのでご注意ください。
*ケア・インターナショナル ジャパンへのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。詳細については、こちらをご覧ください。なお、寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。

【領収書発行を希望する皆様へ】
①オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
②郵便局からの送金の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg