生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

ミャンマー難民緊急支援事業:CAREはモンスーン対策を急いでいます

[ 2018.6. 6 ]

myanmar_monsoon.jpg CAREは、100,000人の難民がモンスーンによる山崩れと洪水の危機にあると警鐘

モンスーンが始まる前の土砂降りがバングラデシュを直撃し、コックスバザールで暮らすミャンマー難民の生命が危機にさらされています。4月18日には、コックスバザール気象庁は43ミリメートルの雨を観測しました。

一回目の土砂降りは、大きな災害が起こる前兆です。現地からの報告によると、一週間前の短時間の雨は、ぬかるんだ丘でアクセスの問題を生じさせ、小さな水たまりをプールほどの大きさに氾濫させたとのことです。

「モンスーンが始まると、コックスバザールのキャンプで暮らす人々の状況は、最悪なものとなるでしょう。そこではまだやるべきことがたくさんあり、時間が足りません。CAREは、コミュニティが来たるべき雨と嵐にコミュニティ自体が備え、彼らが再び住む場所を失わないよう被害軽減策に取り組んでいます」とCAREバングラデシュ事務所のジア・チョードリー事務局長はいいます。

「私たちは、丘の上で子どもたちと暮らすことがとても心配です。雨が降ると、私たちは子どもと一緒におびえています」とポティボニア難民キャンプのモナラ・ベグンさんは語ってくれました。

5月から7月にかけて、雨はさらに強くなり、状況は悪化すると予想されています。滑りやすい道路や小さな水たまりは、コックスバザールのウクヒア地区とテクナフ地区の異なったキャンプに住んでいる難民にとって問題となるでしょう。人道支援団体は、山崩れにより23,000人ほどの負傷者がでるだけでなく、85,000人が家を失い、洪水が原因で飲料水を媒介とする病気の発生を促し、保健サービスへアクセスできなくなったり、緊急支援システムが崩壊すると予想しています。また、バングラデシュ政府と援助機関は協力して、これらの予防策に優先的に取り組んでいます。

バングラデシュ政府は、100,000人の難民の安全な場所への移動を開始しています。ウクヒアとテクナフに位置するクトゥパロン・キャンプの北西にある540エーカーの森林地を、難民のために確保しました。加えて、消防団や、民間防衛、災害管理、救助隊は、高いリクスがあると指定された地域について難民への意識付けを行っています。

CAREも、バングラデシュ政府と協力して取り組んでおり、既にいくつかの対策は、国際移民機関(IOM)の資金提供により実施されています。

・5,100以上の世帯のうち、4,000世帯は既に機能性の高い竹や防水シート、ロープなど、雨風から守れるような避難所を作るためのキットを受け取りました。また、高いリスクのあった438世帯のうち330世帯は移動しました。

・険しい地形を横切るときに安全を確保するために、CAREは、手すりつきの階段やコンクリートの歩道、囲いを整備しました。

・飲料水を媒介とする病気の発生を防ぐためでなく、緊急事態に安全な水を確保できるように、深い管井戸を取り付けました。また 、古いトイレを移し、新しいトイレと入浴整備を整えたため、難民はモンスーンの時期でも適切な衛生環境を保つことができます。

・CAREは、大・小16の下水施設を難民キャンプに取り付けました。この下水施設は洪水を減らす助けとなります。

・難民キャンプにある4つの保健センターは、CAREによって運営されており、現在、建物強化の改装をしています。保健部門は、患者が施設へ来ることができない場合も想定し、移動ができる保健サービスの準備も行っています。

・栄養失調の子どもたちの治療を続けるために移動可能な栄養チームを結成しました。また、母親は腕周りの測り方を学んだため、もし子どもたちが病院に行けなくても母親が子どもの成長を見守ることができます。また、CAREの保健と栄養プログラムは、WHOやUNICEFなどの機関と協力して、実施されています。

・女性と思春期の女の子の保護と安全を守るため、太陽光のランプをトイレの周りや女性に優しい場所の外側へ設置しました。


「丘の上に住む私たちは、嵐をとても恐れています。また、私たちは、移動対象者リストに登録されています」と脆弱な環境下で暮らしているMd. Alomさんは心配そうに話してくれました。

CAREバングラデシュ事務所のジア・チョードリー事務局長は、協力団体と支援者に対し「これは時間との戦いです。難民たちは、何が起ころうとへこたれることはないでしょう。彼らは、私たちの支援を必要としています。政府、国連、NGOそして市民社会はともに行動し、一人一人の生命を救い守るために、この危機に対して支援を示す必要があるのです」と呼びかけています。


【追加情報】
2017年、バングラデシュの東南にある丘で降った雨は山崩れを引き起こし、少なくとも170人の人々が犠牲となりました。専門家は、土砂崩れを悪化させる森林伐採を非難しています。さらに、ベンガル湾から来た時速80~146kmのサイクロンが、この地域を直撃することがあります。2017年、テクナフに直撃したサイクロンは、25,000もの家を破壊しました。

難民たちに緊急避難場所を提供するために、コックスバザールの丘の大部分は切り開かれ、平地にされました。さらに、約5,000エーカーの森は難民の薪を確保するために切り開かれました。これらの結果、難民キャンプはモンスーンにより脆弱になり、これら人間の行為により、表山は非常にぬかるんでいます。

2017年8月のミャンマー難民の流入以降、モンスーンは最大の懸念事項となっています。彼らが到着している間、たくさんの難民は、その場しのぎの避難所を手に入れるまで何日も野宿せねばなりませんでした。彼らは、現在、少しましな避難所にいますが、とても脆弱な環境にあり、状況が改善されたとはいえません。CAREは現場において、彼らの環境がより良くなるよう最善を尽くして取り組んでいきます。


▶今すぐ支援する>>(クレジットカードがご利用いただけます)
※支援の種類を「今回の寄付」を選択の上、寄付の使途を「ミャンマー難民緊急支援事業」をお選びください。


【関連記事】
数字で見るミャンマー難民緊急支援事業
ミャンマー難民緊急支援事業:CAREはモンスーン対策に取り組んでいます
「ミャンマー難民緊急募金」へのご協力をお願いします
ミャンマー難民緊急支援事業

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg