生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

ミャンマー・サイクロン被災者支援活動 スタッフ帰国報告会を開催しました

[ 2008.7.18 ]

帰国報告会

7月18日(金)にソニー株式会社 御殿山テクノロジーセンター NSビルの会議室にて、「ミャンマー・サイクロン被災者支援活動 スタッフ帰国報告会」を開催しました。被災者支援のための緊急募金にご支援いただきました企業や関東近辺にお住まいの個人寄付者の皆さま、30名にご参加いただきました。

報告会では、6月12日~7月12日までロジスティックス担当として現地で活動してきた事業部スタッフ貝原塚二葉が、最新の映像や写真を織り交ぜながら、CAREの現地での活動や被災地の状況、今後の中長期的ニーズなどについて説明しました。参加者からは、「緊急物資の内容」や「軍事政権ゆえの支援活動の障害」などについて踏み込んだ質問やご意見が寄せられるなど、関心の高さを伺い知ることができました。また、報告会終了後には、複数の方より「写真や映像を多用していて非常に興味深い内容だった」とのコメントをいただきました。当日は、発表したスタッフが通信社からの取材を受けるとともに、報告会の様子が撮影されました。

最後に、今回の緊急募金では、200件を超える個人や企業の皆さまより、計32,472,873円(2008年7月末現在)にもおよぶご支援をいただきました。この場を借りて、心よりお礼申し上げます。また当日会場をご提供くださいましたソニー株式会社様にも重ねてお礼申し上げます。

現地での支援活動は着実に進んではいるものの、まだまだ回復には遠い道のりです。これからも引き続きミャンマーにおける支援活動に対して関心をお寄せいただき、ご支援・ご協力いただきますよう、お願いいたします。

配布資料

ミャンマー サイクロン・ナルギス被災者緊急支援活動(PDF)


*以下の資料は、PDFファイルにてご用意しています。ご覧いただくにはAdobeReaderが必要です。
 お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてソフトをダウンロードしてからご覧ください。

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg