生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

東ティモール農村地域の生計向上事業:収穫祭を行いました

[ 2017.12. 6 ]

femal_farmers.jpg 2017年11月、CARE東ティモール事務所は、東ティモール政府との共催で、エルメラ県アッサベ郡で収穫祭を行いました。

ca119e937541be8c39596be8b6b9f9eb1043b45d.jpg

玉葱の品評会の様子
Tuk Tuk種は、ローカル種に比べ玉が大きい

外務省などの助成によりCAREが行っている農村地域の生計向上事業は、過去1年半にわたり、農業技術の向上と男女平等への意識を高めることにより、農村地域の人々の暮らしを改善するために、30の農民グループ(490人以上の農民)を支援しています。特に、女性の農民たちに配慮し、メンバーの68%は女性です。

収穫祭は、農家の人々が、潜在的な買い手やパートナーに、自分たちが生産した農作物をお披露目するために開かれました。この収穫祭では、アッサベ郡の郵便局長が開会の辞を述べ、農水産省のエルメラ県主任、アッサベ郡の関係者、その他政府関係者、潜在的な買い手やパートナー、そして30の農民グループの代表者らが参加しました。

この収穫祭の目玉の一つは、ローカル種とTuk Tuk種のたまねぎの品評会で、9つの農民グループがエントリーしました。Tuk Tuk種の勝者は、Bui Aciグループで、この事業によって結成された女性だけの農民グループです。男女混合グループのObetoは、ローカル種の部門で勝利しました。

アッサベ郡の中央市場はいつもなら金曜日は閑散としていますが、
30の農民グループが生産した園芸作物、穀物や果物を購入するために、多くの地元客や訪問客であふれていました。
この収穫祭が、アッサベ郡の農業生産の可能性により多くの人が注目するきっかけになったと願っています。

【関連情報】
東ティモール:農村地域の生計向上事業
東ティモールで新たに「農村地域の生計向上事業」を開始しました
東ティモール駐在員便り(その15:CARE支援組織の東ティモール訪問)

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg