生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

東ティモール駐在員便り(その17:帰国しました)

[ 2018.8.15 ]

haforsa0815.jpg 元東ティモール駐在員の山際です。
私事になりますが、諸事情で東ティモールを去ることになりました。
2012年に再渡航して以来6年半、うち農村地域の生計向上事業を通して2年4ヵ月を過ごした東ティモールを後にするのは、後ろ髪を引かれる思いでした。

写真は、農村地域の生計向上事業で思い出の多いLaubuno村を訪ね、農民や村民に別れを告げてきた際に最後に写した写真です。
この2年間に事業を通して習得したことは大きいと農民や村民が口を揃えて言ってくれたことは、何よりの励みとなりました。

さて、8月からは、平山泰弘がこの事業のプロジェクトマネージャーとして着任し、すでに事業を実施しています。
チームは、以前にも増して精力的に活動をしていますので、今後とも農村地域の生計向上事業をご支援下さい。
なお、私は、10月末までCARE東京事務所にて同事業に携わっていますので、引き続きよろしくお願いいたします。

【関連記事】
東ティモール駐在員便り(その16:3年次開始にかかる署名式)
東ティモール駐在員便り(その15:CARE支援組織の東ティモール訪問)
東ティモール駐在員便り(その14:アッサベ訪問)
東ティモール駐在員便り(その13:アッサベ訪問)
東ティモール駐在員便り(その12:レオレマ訪問)
東ティモール駐在員便り(その11:ティバール訪問)
東ティモール駐在員便り(その10:山本大使とアッサベ郡視察)
東ティモール駐在員便り(その9:アッサベ郡訪問)
東ティモール駐在員便り(その8:「農村地域の生計向上事業」が2年目に入りました)
東ティモール駐在員便り(その7:フォトジャーナリストの佐藤慧氏らとエルメラ県訪問)
東ティモール駐在員便り(その6:コバリマ県スアイ訪問)
東ティモール駐在員便り(その5)
東ティモール駐在員便り(その4)
東ティモール駐在員便り(その3)
東ティモール駐在員便り(その2)
東ティモール駐在員便り(その1)
東ティモールで新たに「農村地域の生計向上事業」を開始しました

【関連情報】
東ティモールで新たに「農村地域の生計向上事業」を開始しました
東ティモール:農村地域の生業向上事業
東ティモール:学習雑誌「コミュニティラファエック」を通した農村地域の自立支援事業

【関連情報】
CARE × 佐藤慧 フォトギャラリー
「歩き出した東ティモール」
CAREフォトギャラリー「~Lolo sae~ 東ティモールの日の出」

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg