生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

ミュージシャンの矢野デイビット氏に歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2017」のキャンペーン・アンバサダーに就任いただきました

[ 2017.2. 1 ]

ec88e6ee6d4f54d253854ccc190ad14ba39c24e3.jpg 2017年度も、3月8日の「国際女性の日」に開始予定の歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2017」。
今年度のキャンペーンの収益(諸経費は除く)は、当財団がガーナで展開中の「乳幼児の栄養改善事業」に充てられます。

それらを踏まえ、キャンペーン開始に先立ち、日本とガーナの架け橋としてご活躍されているミュージシャンの矢野デイビットさんがキャンペーン・アンバサダーを務めてくださることになりました。就任したばかりの矢野さんからメッセージが届きましたので、ご紹介いたします。

■矢野さんからのメッセージ■
日本とガーナの架け橋として活動をしてきて今年で10年になります。
本当の支援とは何だろうか?
と考えながら、模索しながらこの10年を過ごしてきました。
自尊心を育てるという事、これはきっと支援の礎であるべき事だと考えるようになりました。
一人歩きを始められる支援、現地で伝染的に自立の連鎖を広げて行きたいと思っています。

他人事を自分事に。とても大切な事でありながら、非常難しいテーマでもあります。違う世界の誰かが日常的に経験してる過酷さを、自分の環境で1つ体験してみるだけで、読む事で学べる10倍の事を身体と心が感じてくれます。
本当に必要な支援のかたちはその中からしか見つからないのかもしれません。
ただし、楽しみながら!
距離と国境を越えた関わり合いや理解を小さな、だけども歩み寄りの連続で縮めていきたいです。

ケア・インターナショナル ジャパンと共に、実践を通して、現地の人々と学び合いながら、より必要とされる活動を1つでも多く実現していきたい一心です。

###


【ご参考:矢野 デイビットさんの肩書】
ミュージシャン、タレント、一般社団法人Enije代表、明星大学客員講師

2月25日(土)には、小金井公園で、キャンペーン開始直前、チャリティ・ウォークを行います。梅の香る小金井公園を一緒に歩きませんか。皆さまのご参加をお待ちしております!
詳細はこちらから>>


【関連情報】
歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2017」キャンペーン特設ページ
(ご注意:キャンペーンへの参加申し込みは、2017年3月8日(水)から始まります。)
ガーナにおける「乳幼児の栄養改善事業」
2/25(土)梅香るチャリティーウォーク in 小金井公園を開催します3/4(土)チャリティ映画上映会「HAFU(ハーフ)」×矢野デイビット氏トークを開催します
【関連記事】
歩く国際協力「Walk in Her Shoes2017」歩くイベントを開催します



本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg