生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

7/1(土)ファンドレイジングボランティア活動報告&手で食べるネパール料理交流会

[ 2017.5.15 ]

quiz.JPG

イングリッシュパブでのクイズイベント

CAREの活動に賛同し、活動資金を「楽しく」集め、多くの方にCAREを知っていただく活動を行う「ファンドレイジングチャレンジ!」。
ファンドレイジング(資金調達)ためのイベントの企画、準備、実施までをボランティアが主体で行う、CARE独自のプログラムです。

2012年にスタートしたこのプログラムは毎年新しい世代に交代し、今年は9代目。
その9期チームも2017年6月をもって活動を終了します。
そこで、10ヶ月間に及ぶ活動の成果や学び、そして苦悩や葛藤など、メンバーそれぞれの想いを語る報告会を開催いたします。
beentobar.JPG

カカオ豆から作るチョコレートイベントの様子


発足当初はお互いに初対面で、年齢・職業やバックグラウンドの違うメンバーが、どのように10ヶ月の活動期間中を添い遂げたのか?
うまくいったことや大変だったこと、感動したところや反省点など、活動を締めくくる日だからこそできる話をさせていただきます。

報告会後は、ネパールの家庭料理「ダルバート」を食べながら、交流会を行います。
ダルバートはネパールで毎日食べられている食事で、お米と豆スープ、野菜や肉を一緒に混ぜながら食べるソウルフード。
Dhal Bhat2.JPG

細長い形で香りのいいバスマティというお米で食べます

日本ではなかなか食べられないネパールの本場の味を、手を使って食べてみましょう!
(スプーンもご用意しています。)

こんな方にオススメ!
・空いた時間でボランティアを始めてみたい方
・イベント企画について知りたい方
・ボランティアが主体的に行うファンドレイジングについて知りたい方
・ネパール料理を手で食べてみたい方

【イベント詳細】
■日   時 :2017年7月1日(土)(17:40より受付開始)
18:00~19:30 報告会
19:30~21:30  手で食べるネパール料理交流会
■場   所:公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン 事務所(アクセス
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
(最寄駅:東京メトロ副都心線雑司ヶ谷駅(徒歩3分)、JR目白駅(徒歩7分)
■参 加 費 :
  報告会のみ参加:無料
 報告会&交流会:1000円以上のカンパをお願いします(ネパール料理ダルバートとドリンク付き)
 *参加費は当日お支払いください。

■定   員 :20名(定員になり次第申し込みを締め切らせていただきます。)
■お申込方法 : こちらより「イベントに参加する」を選択いただき、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
■お申込締切:6月28日(水)
■お問い合わせ先:担当:マーケティング部 大森 email: event@careintjp.org

【関連情報】
第9期ファンドレイジングチャレンジ!メンバーを募集します

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:event@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg