生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

4/5(水)CARE東ティモール現地職員による「アジアで一番新しい国の農村部の人たちに生きるチカラを届ける」仕事の話しを開催します

[ 2017.3.27 ]

5-1.jpg

「ラファエック」の使い方について子どもたちに説明するシンプリシオ職員 (c)KeiSATO

CAREは、2000年より、東ティモールにおいて、学習雑誌「ラファエック」を制作・配布を行っています。
今般、その事業のプロジェクト・マネージャーであるシンプリシオ・バーボサ職員が訪日し、以下のとおり、
「アジアで一番新しい国の農村部の人たちに生きるチカラを届ける」仕事について、お話しさせていただきます。
皆さまのご参加をお待ちしております!

■日時:2017年4月5日(水)19:00~20:30(18:30受付開始)
■場所:雑司が谷地域文化創造館 第1会議室 A(1階)
■参加費:無料
■使用言語:英語(日本語逐次通訳あり)
■お申込み方法:こちらのサイトから「イベントに参加する」を選択いただき、お申込みください。
■定員:30名
*定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
■申込締切:2017 年 4月 4日(火)
■お問い合わせ先: マーケティング部 広報  Email:info@careintjp.org

simplicio.JPG


【シンプリシオ職員のプロフィール】
CARE東ティモール事務所において、13年以上にわたり、教育関連事業に従事。
2013年5月より、「ラファエック」事業のプロジェクト・マネージャーを務める。



【ご参考】
■東ティモールの課題
アジアで一番新しい国である東ティモールは、国民の約4割が1日1.25ドル以下で暮らすアジア最貧国の一つ。貧困層の85%は農村部に暮らしおり、昨今、農村部と都市部との経済・教育格差が顕著となっています。成人識字率は都市部で約80%であるのに対し農村部では約44%と低く、農村部では十分な識字能力や計算能力を身に付けることができず、経済活動や家計の管理にも支障をきたし、親の識字能力の低さが子どもの栄養・健康状態、そして就学率にも悪影響となって現れています。

■2016年度の活動
成人向け「ラファエック」については、年4回、全13県で配布するとともに、対象地域で住民参加型の対話ワークショップを開催。日々の生活情報や、子どもの健康や教育、また農業や貯蓄についてなど、雑誌で取り上げた幅広い内容についての理解と実践能力を強化しました。また未就学・低学年児童向け「ラファエック」を、幼稚園児と小学1、2年生を対象に配布するとともに、教員向け授業法・指導法「ラファエック」については、13県の小学校教師に配布しました。本年度は、特に、より円滑な活動実施と住民参加の更なる促進を目指し、「ラファエック」の配布前に、村長等地域のリーダー格の人々への説明を丁寧に行うなど、地域住民の活動への理解と意識付けの強化促進に取り組みました。

■「ラファエック」の特徴
CAREは、全ての事業で、男女の平等と女性・女子のエンパワメントを進めており、「ラファエック」も例外ではありません。「ラファエック」では、伝統的に規定された男女の性別による役割に捉われないように、女性、男性、女子、男子を描くようにしています。例えば、雑誌に掲載する話では、家事労働の男女間の平等な分担という考え方を促進したり、教室内での男女の平等な扱いの事例を示したり、歴史上、科学上の女性の役割に焦点をあて、多様性の大切さを話に盛り込む等、様々な工夫がされています。今後とも、男女平等を促す事例やロールモデルを幅広くそして分かり易く雑誌に掲載し、人々の男女平等に関する意識の改革を更に積極的に進めていきたいと思っています。
「ラファエック」についてもっと知る

【関連記事】
どうして「テトゥン語」の書物がないの?
【関連情報】
東ティモール:学習雑誌「ラファエック」を通した農村地域の自立支援事業

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン 広報
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email:info@careintjp.org
  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg