生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
ニュースリリース

10/2(日)国際ガールズ・デー記念&『WOMEN EMPOWERMENT 100』出版記念トークイベントが開催されます

[ 2016.9. 7 ]

RO_NERfor web.gif

10月2日(日)に開催される国際ガールズ・デー記念&『WOMEN EMPOWERMENT 100』出版記念トークイベント 「私たちが世界の女性を支援する理由~国際協力の現場から~」に、当財団の事務局長・武田勝彦が登壇します。

■イベント紹介
10月11日は「国際ガールズ・デー」。

途上国の女の子たちが「女の子であるがために」受けている性差別や暴力など の問題を啓発し、国際的な問題解決を促すために国連が制定した国際デーです。

いま、問題の啓発だけでなく、女性と女の子の可能性を広げることで社会をよ りよくしようとする「エンパワーメント」に注目が高まっています。

2014年には、パキスタンのマララ・ユスフザイさんがノーベル平和賞を受賞し、 女子教育に大きな関心が高まりました。

また、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」にも「女性のエンパワーメント」 という言葉が盛り込まれ、先進国・途上国にかかわらず機運が高まっています。

今年8月に発売された『WOMEN EMPOWERMENT 100――世界の女性をエンパワー する100の方法』(ベッツィ・トイチュ著、松本裕訳、英治出版)には、 途上国の女性をエンパワーする具体的な100の取り組みが紹介されています。

さらに、日本語版特別コンテンツとして、日本の国際協力NGOスタッフの 方々の座談会が収録されています。

今回は、来る国際ガールズ・デーを記念して、特別コンテンツで紹介された NGO 3団体のスタッフをお呼びしてイベントを実施します。

カジュアルな雰囲気で、参加者との交流を楽しめるようなトークセッションに したいと考えています。皆様のご参加お待ちしております!

【トークトピック】
・どこの国で、どんな活動を行っているの?
・なぜ、女の子や女性の支援が大切なの?
・国際協力の仕事をするのに必要なキャリアとは?

■日時:2016年10月2日(水)14時~16時(開場13時30分)
■会場:HMV&BOOKS TOKYO 6F イベントスペース
   東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ
   tel: 03-5784-3270

■参加費:無料
 ※ご希望の方には、渋谷HMV&BOOKS TOKYOの6Fレジカウンターにて
  優先入場券をお渡ししております。
 (配布は10月2日13:30まで。なくなり次第終了となります。)
 ※当日は、優先入場券をお持ちの方優先でのご入場、自由席となります。
 ※参加者多数の場合には、席が準備出来ない場合もあります。
  予めご了承下さい。
■共催:HMV&BOOKS TOKYO、英治出版
■後援:国際ガールズ・デー推進ネットワーク(CAREも加盟しています)
■詳細:こちらからご覧いだけます。


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
広報担当
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
e-mail:info@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg