生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
企業パートナーシップ

パートナーシップレポート

大成建設株式会社

社長室経営企画部CSR推進室 次長 渡邉 達夫

大成建設株式会社

私ども大成建設は、日本企業2社との共同企業体により、ベトナム南部において、円借款対象の大規模橋梁建設工事に取り組んでいます。この工事では、HIV/AIDS感染防止活動が契約条件に盛り込まれたため、関連調査の実績・経験や現地での活動実績を踏まえ、CAREさん(日本およびベトナム事務局)に感染防止事業を委託しました。

当社の現地担当者からは、CAREさんの真摯な取り組みのおかげで、現場労働者や地域コミュニティ関係者のHIV/AIDSへの関心が高まるなど、着実に成果が上がっているとの報告を受けています。本社側窓口の一員としてケア・インターナショナルジャパンの皆さんと接している私自身、皆さんの熱意ある取り組み姿勢には強いインパクトを受けています。この工事を通じて得た知見やCAREさんとのパートナーシップを、当社の他の海外工事や社会貢献活動において何とか生かしていきたい、そう考えています。

大成建設とのパートナーシップ事業「カントー橋建設にかかるHIV/AIDS予防事業」については、こちら

パートナーシップレポートの一覧へ

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg