生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

ガーナ:ソーシャル・ビジネス事業

期間
2012年8月~2016年12月(4年5カ月間)
地域
ガーナ、ノーザン州イーストマプルーシ郡
対象者
貧困層の女性起業家、並びにそのコミュニティの地域住民
ドナー
味の素(株)
事業規模
約53,000,000円(27ヶ月間)

事業の背景

ghana1.JPG

ガーナでは、GDPが2002年の306USドルから2011年には1,570USドルと経済成長がすすみ、人口に占める貧困層の割合も減少しています。しかしながら、貧困世帯の多いガーナノーザン州では食糧や栄養の欠如が蔓延しており、ガーナ政府もノーザン州の開発を優先課題として取り組んでいます。

CAREはノーザン州において長期にわたる「農業と食糧安全プログラム」を実施し、農業改良普及や経済へのアクセス、アグリビジネス、そして草の根における金融サービスなど、需要と供給の両面から社会経済の安定と食糧安全課題に取り組んでいます。中でも注力しているのが村内貯蓄貸付組合(VSLA)の組織化と普及であり、貯蓄をベースに、女性起業家の育成を通して貧困層の経済的自立を促進しています。本事業では、離乳期(6か月~24か月)の子ども向けの栄養補助食品「ココプラス」を、女性起業家がVSLAプラットフォームを使って販売し、持続可能な方法で貧困層の経済的自立を目指します。

事業目標

貧困層における女性起業家による市場アプローチに関する物流の効果測定を行います。

主な活動

ghana2.JPG

村内貯蓄貸付組合(VSLA)の会合で出納作業を行う女性組合員

1)世帯調査
 四半期ごとにサンプルとなる世帯での調査を行う。

2)物流システムの構築
・配布物の開発
・需要創設活動
・栄養啓発
・栄養補助サプリメントの物流と販売

3)モニタリング
 対象13コミュニティにおいて、栄養補助サプリメント製造から消費者購買の全ての段階をモニタリングする。

4)データ分析と報告書類の作成
 四半期ごとの世帯調査を分析し、全期間の情報を分析する。

関連情報

第3回「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」表彰式で理事長がスピーチをしました

味の素株式会社との連携にかかるプレスリリース

実施プロジェクトを支援する方法

CAREのサポーターになって活動を支えるさまざまな方法があります。

支援する >>

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg