生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

数字が書ける!値付けができる! -ナタリノさんのお話し

hafosa2018_natalino.png ナタリノさん
ナタリノさんは、エルメラ県Atubrau集落Obulo村に住み、農業を営んでいます。この事業の開始以来、農民グループ「Atuburau」のリーダーとして活動しています。ナタリノさんは、事業を通じて、会計研修を受けるまで、数字を使って価格を書くこと、特に小数点以下を書く方法を知りませんでした。それが今では自分で値付けをすることができるようになったのです。

natalino2.png 「いままでは、1ドルとか100ドルなどの大まかな数字は理解できても、0.05、0.10、0.25や0.50などの小数点以下の数値の読み書きがわかりませんでした。研修を受けてからは、小数点や記号を書く方法を学んだので、小さな値から大きな値まで自分で書くことができます」と、ナタリノさんは話してくれました。また、農業活動計画、計算機の使い方、簿記について学ぶことができた嬉しさについても、語ってくれました。

「学ぶ機会を与えてくれたこの事業にはとても感謝しています。たとえ上手に読み書きができなくても、学ぶことができたのです。この事業が、生活の改善とそのために必要な知識と技術を橋渡ししてくれたのです。2年以上にわたり活動が実施されていますが、今後も私たちと協力関係を続けてくれることを願っています。」


その他のストーリーを読む

関連情報

駐在員レポート(2年次を終え、最終年に向けて)

1年次活動報告書

1年次の受益者ストーリー(女性リーダー、男性リーダー、女性だけの農民グループ、村のリーダーのお話しなど)

実施プロジェクトを支援する方法

CAREのサポーターになって活動を支えるさまざまな方法があります。

支援する >>

►今すぐ寄付する
オンライン募金

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg