生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

カンボジア:コミュニティのための人材育成事業

事業部 竹中 宏美

期間
2004年10月~2007年9月(3年間)
地域
カンボジア カンダール州ルックダイク地区
対象者
女子教育奨学制度で高校進学の資格を得た奨学生64名(直接対象者)、 親、地区奨学制度運営委員会、村人など
関係者
教育青年スポーツ省、州教育局、教師など
ドナー
ケア・フレンズ岡山、ケア・フレンズ東京
事業規模
600万円(第1期3年間)
人材育成事業

背景

カンボジアでは、1970年以来長らく続いた内戦などにより、教育制度が破壊され、現在でも教師、教材、校舎が不足しています。国の優先課題として、政府が2015年までにすべての人に9年間の無償教育を提供することを掲げていますが、実際には学校に通えない子どもたちが多数います。また、小学校高学年になるにつれ女子の中退が増加し、男女の就学率格差が開いていきます。



問題点

カンダール州

女子が学校に通えなくなる最大の原因は、経済的な理由です。無償教育といえども、交通費、昼食費などは貧困家庭にとっては大きな負担となります。また、文化的に特に男子の教育が優先され、女子教育の重要性が認識されない中、女子は学校に行くかわりに家事や家業を手伝わされているのが現状です。さらに、コミュニティに女性教師が不足し、女子生徒のモデルとなる人材が不足していることなども原因になっています。



地域と共に運営する奨学事業

この事業は、前事業の「女子教育奨学制度事業」において中学課程を修了し、高校に進学した奨学生が、高校を修了するだけではなく、コミュニティの発展に役立つ知識や技能を習得し、コミュニティに貢献できる人材となることを目的として活動を行いました。

経済的・文化的な理由から、女子は家事や家業を手伝わなければならず、多くの女子が学校に通えないという環境の中、この事業での活動を進めていくにはコミュニティの理解と支えが不可欠でした。そこで、奨学生の親やコミュニティの人々、そして親や教師・地区代表などから構成される奨学制度運営委員会が、自ら奨学制度を運営することで、女子教育の重要性やジェンダーへの理解を深めてもらうことを狙いとしました。

大きな成果

奨学制度運営委員会は、奨学生の学業や出欠のフォロー、補習授業の実施などさまざまな場面で積極的に奨学生をサポートし、家族やコミュニティの理解が深まりました。また、学校とコミュニティの密な連携が構築され、奨学生の出席率やクラスでのパフォーマンスの改善につながりました。

奨学生は、ジェンダーやHIV/エイズなどの問題点を自ら分析し、コミュニティに対するワークショップを運営することで、状況分析・問題解決力を高め、自立心と積極性を養いました。人前で、あるいは目上の人に対してしっかりと説明をする奨学生の姿は、女性リーダーが少ないコミュニティ内において同世代の模範となりました。

奨学生が知識と能力を身につけたことで、彼女たちに対するコミュニティの意識と態度も変化しました。例えば、カンボジアでは若者の意見が聞かれることが少ないのですが、コミュニティでは人々が奨学生の意見を求め、発言に耳を傾けるようになりました。

事業終了にあたって

奨学生はコミュニティの理解と支援により、高校を無事卒業しました。CAREは今後も、コミュニティの人々が理解を深め、自らが運営していく枠組みを用いながら支援を続けていきます。

*これまでご支援いただきましたケア・フレンズ岡山とケア・フレンズ東京の皆様に心よりお礼申し上げます。なお、今後も継続してカンボジアにおける事業を支援していただくことになりました。心より感謝いたします。

実施プロジェクトを支援する方法

CAREのサポーターになって活動を支えるさまざまな方法があります。

支援する (支援方法の詳細)へ >>

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg