生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
参加する

私たちもスマイルギフトキャンペーン2016を応援しています

アンバサダー

e0dc9108c27724873d86fc541144c30379b2e20d.jpg フィロメノ・アレイショ・ダ・クルス 閣下
駐日東ティモール
特命全権大使


CAREは、2000年より東ティモールの農村地域において、学習雑誌「ラファエック」を発行・配布する活動を続けています。

「ラファエック」は、東ティモールの二つの公用語のうちの一つであるテトゥン語で書かれている雑誌として貴重な情報源であるとともに、地域の人々に読書の習慣をもたらし、知識やスキルを身につける大きな助けになっています。

2015年より、CAREは、農村地域からさらに地域を拡大し、
東ティモール全土の小学校の生徒や教員にラファエックを配布しています。

東ティモール教育省は、この「ラフェエック」がもたらす効果は認知しており、"ラファエックプロジェクト"を支援しています。

東ティモールのより多くの地域に「ラファエック」が届き、
東ティモールの人々が国の様々な分野の発展に参画する力をつけることができることは、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にもつながっています。

CAREスマイルギフトキャンペーンへのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

h_tanaka2016.jpg 田中 葉月 さん
国際教育関連会社 理事


今年もスマイルギフトキャンペーンが始まりました!!
スマイルギフトキャンペーンでは、アジアで一番新しい国
『東ティモール』の人々へ教育支援をしています。

国として独立するまでの間占領されていた歴史を持つ東ティモールでは、今もなお多言語が使われ、学びの基礎となる文字や数字の習得も安定しておらず、独立してから10年以上が経つ今も学習をするために様々な課題を持つと言われます。

学びの基礎を習得することなく大人になった人々は、学びの基礎があって成り立っている社会での生活は難しく、その教育格差は貧富の差を生み、社会の成長が進むにつれ治安の悪化にもつながることも心配されています。

そんな東ティモールの人々のために、『ラファイエック』という学習雑誌をつくり基礎的な学習への支援。一人一人が社会の中で自ら学び生きていくことができるように、そしてその一人一人の力により東ティモールが真の独立へ少しでも近づくことができようにすることを目的に、毎年支援活動を行なっているのがスマイルギフトキャンペーンであります。

現在、私たちの生きる社会はグローバル化されていると言われ、目の前に見えるところだけでなく、それ以外の目に見えないところも見る力が必要な時代が来ています。グローバル化した社会では、先進国が中心に考えられることが多くあります。しかし、先進国と途上国は同じ地球の上にあり、どちらも大切な国。私たちはグローバル化した社会で平和を守り強く生きていくためには、広い世界を見る目を持ち、国際協力というものも忘れてはいけません。

一人一人の心がけが大きな力に。
皆様も是非スマイルギフトキャンペーンを通じて世界を学んでみませんか。
今年もたくさんの方がスマイルギフトキャンペーンにより多くの方が楽しくご参加いただけることを楽しみにしております。

みなさまどうぞご協力よろしくお願いいたします!!

スマイルギフトキャンペーン 2016

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg