生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
支援する

ケア・フレンズ東京

CARE支援組織「ケア・フレンズ東京」の主な活動をご紹介します。

tokyo1.jpg ■活動名:総会・コンサート「日本歌曲とオペラアリア」
■開催日:2017年7月20日
■場所:都内会議室
■参加人数 :100名

総会では、加藤議長選出のもとに、事業報告、会計報告と滞りなく進行、決議、閉会となりました。その後、藤原歌劇団所属メゾソプラノ歌手 二渡加津子様と、ピアニスト菊池沙織様をお迎えし、「日本歌曲とオペラアリア」のコンサートが催されました。「お客様の心に響く歌」を大切にされ、「ねむの木の子守唄」でスタートし、オペラ「カルメン」などを演奏いただきました。また「浜辺の歌」を会場の皆様と一緒に歌われるなど、温かな空気に包まれた例会となりました。


■活動名:コンサート「ピアノのロマン派」
■開催日:2017年9月21日
■場所:都内会議室
■参加人数 :100名

ピアニストの徳江陽子様をお迎えし、「ピアノのロマン派」の19世紀の巨匠 ショパンとリスト、そしてドビュッシーにまつわるお話しをしてくださり、続いて彼らの作品を演奏してくださいました。「エオリアンハープ」「革命」「ノクターン」「小犬のワルツ」「月の光」に続いて、アンコール曲は、平井康三郎氏作曲の「さくらさくら」、リストの「愛の夢」の演奏していただき、美しいピアノの音色に魅了されました。


■活動名:バス旅行
■開催日:2017年10月17日
■場所:髙梨本家 上花輪歴史館
■参加人数 :50名

千葉県野田市に位置する「公益財団法人髙梨本家 上花輪歴史館」へバス旅行をしました。上花輪村の名主であり、醤油醸造を家業としていらっしゃる髙梨本家が、永年に亘り保存された居宅や、庭園、土蔵、屋敷林など歴史的価値の高い建造物と、収集・保存されてこられた品々や地方文書などを見せていただきました。館長自らがご説明下さり、太鼓と笛の演奏鑑賞、美味しいお弁当、お皿への絵付けなど、楽しく、とても充実した素晴らしい旅行となりました。


tokyo4.JPG

ⓒITLOS

■活動名:講演会「外交について」
■開催日:2017年11月16日
■場所:都内会議室
■参加人数 :100名

元駐米大使で、ケア・インターナショナル ジャパンの名誉会長の柳井俊二様をお迎えいたしました。長年に亘る外交官としてのお仕事や、2005年より国際海洋法裁判所の判事、所長としてのお仕事の中での大変貴重なお話を頂きました。歴史に残る重要なシーンを、写真を交えて、わかりやすく、お話し頂きました。多くの方の英知と情熱が結集し、今があることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。




tokyo5.jpg ■活動名 :ケア・フレンズ東京 第20回講演会 東儀秀樹様「雅楽の愉しみ」
■開催日:2018年2月12日
■場所:都内会議室
■参加人数 :1,800名

ケア・フレンズ東京主催 第20回記念コンサートに、雅楽師の東儀秀樹氏をお迎えいたしました。東儀家は、奈良時代から今日まで1300年の間、雅楽を世襲してこられた家系です。ご幼少期を海外で過ごされ、ロック・クラシック・ジャズなどあらゆるジャンルの音楽を吸収してこられました。最初は、平安装束をまとい篳篥を演奏されながらのご登場に、観客の皆様は瞬く間に東儀様の世界に魅了され、少しの休憩後、現代の気品あるお洋服でピアノを弾かれる姿に、私共は何千年かの時をご一緒に過ごした想いにかられ、感動のひとときでした。

これまでの活動報告

2017年度
2016年度
2015年度
2014年度


  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg