生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
支援する

緊急支援基金

8f72c915ed2e023c7d418d4874fd92b06499c16a.jpg

今、この瞬間にも、世界のどこかで紛争や自然災害のために、平和な日常を奪われ、大切な人を失い、絶望の中にいる人々がいます。日本では報道されていない紛争や自然災害の様子が、日々、世界中のCARE事務所から届いています。 近年、その頻度が高まり、被害規模も甚大になっていること、さらには複数の国や地域で同時に発生することなどが、特徴となってきています。

CAREは、紛争や災害が生じた際、世界中にはりめぐらされたグローバルネットワークとこれまでの緊急支援実績を活かして、被災国で活動するCAREの現地事務所とともに、瞬時に緊急支援体制を確立し、被災者への対応を開始します。そして、被災状況の調査を行い、支援ニーズを把握するとともに、現地政府や国連機関、NGOなどとも調整・連携をしながら、CAREの強みを活かした支援方法を検討し、発災から数週間から1か月程度で、復興までを捉えた中期支援計画を策定します。同時に、発災後直ちに、日本を含むCARE加盟国では、一斉に緊急支援募金の呼び掛けを行います。

紛争や災害が発生した際には、初動が非常に重要です。そして、初動活動には、通常の開発事業とは別に、緊急時に直ちに拠出できる資金(プール資金)が必要です。予測が難しい地震、津波、台風、サイクロン、洪水、干ばつなど、世界各地で多発する自然災害に加えて、長期化する紛争等による難民や避難民の深刻な人道危機などへの迅速かつ効果的な対応にあたり、平時からの資金の確保が不可欠で、円滑な初動活動を行えるよう、「緊急支援基金」へのご支援が必要です。 国内外で今後起こり得る災害等における初動(緊急調査や緊急支援活動等)への活動資金として、有効に活用させていただきます。

CAREの緊急支援の特徴

008_Care_PV_1205.jpg

CAREは、以下のような人々に配慮し、緊急支援を確実に届けます。

「脆弱性の高い人々」への配慮
家屋が全壊した世帯、社会的に周縁化された女性や女子、HIV/エイズ感染者・患者、障がい者、5歳未満の子ども、乳幼児、高齢者等の災害弱者など
「災害弱者」への配慮
被害が最も深刻であるにもかかわらず、遠隔地もしくは隔離された地域ゆえに支援が届かない地域など
「多様性」への配慮
特に「女性や女子」に特有のニーズをはじめ、人によって異なる支援の必要性など
「より安全な再建」への配慮
地域の脆弱性を克服し、次の災害への対応・回復能力のある地域社会の実現
「現地パートナー」との協働
被災地域の人々や市民組織の能力強化による対応・回復能力のある社会の実現

これまでの緊急・復興支援活動

シリア、ヨルダン、レバノン、エジプト:シリア緊急支援
ネパール連邦民主共和国:ネパール大地震被災者支援事業
フィリピン:台風被災者復興支援事業
日本:東日本大震災被災者支援活動
南スーダン:水と衛生改善事業
ハイチ:ハイチ地震緊急支援活動
インドネシア:スマトラ島沖地震緊急支援
インドネシア:スマトラ沖津波復興支援 国内避難民のための水と衛生プロジェクト
インドネシア:ジャワ島地震緊急支援
インドネシア:マドゥーラ避難民の生活復興支援プロジェクト
バングラデシュ:サイクロン被災者への緊急支援
ミャンマー:サイクロン被災者への緊急支援事業
ミャンマー:サイクロン早期回復のための農業支援事業
パキスタン:北西辺境州マルダン県における緊急支援物資配布事業
パキスタン:地震緊急支援事業
パキスタン:シンド州における緊急衛生改善事業
レソト:センク川渓谷における干ばつ被災者の栄養改善事業
イスラエル:ガザ地区緊急支援事業

【動画】
2015年4月発生「ネパール地震被災者支援事業」
2013年11月発生「フィリピン台風被災者支援事業」

ご寄付のお支払方法

ご寄付のお支払い方法「緊急支援基金」にご協力いただける方は、ご寄付のお支払い方法をお選びください。

1.クレジットカードによるご寄付
クレジットカードによりご寄付いただく場合は、 「オンライン募金」のページからお願いいたします。

2.郵便局からのご送金
「緊急支援基金」への郵便局からのご送金は以下の口座にお願いいたします。
郵便振替 00150-4-49006
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
*お振込み手数料が免除になります。お振込みの際には郵便局窓口でその旨お申し出ください。
*振込用紙の通信欄に「 緊急支援基金(W) 」 と明記してください。
*領収書が不要な方は通信欄にその旨をお書き添えください。

3.銀行からのご送金
銀行からのご寄付送金をご希望の方は、お手数ですが下記までご連絡ください。
振込先の口座番号等の振込に必要な情報をお伝えするとともに、領収書発行の有無を確認させて頂きます。
Eメール:bokin@careintjp.org (※メールの件名に『緊急支援基金・銀行振り込み希望(W)』とお書きください)
電話: 03-5944-9931 FAX: 03-5950-1375

個人情報保護について
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパンは、寄付者の皆様の個人情報のお取扱いにつきましては個人情報保護法及び関係諸法令・規範を遵守し、細心の注意を払い厳重に管理しております。
個人情報保護方針については、こちらをご覧ください。

ケア・インターナショナル ジャパンへのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。 詳細については、こちらをご覧ください。

活動についてのご報告

当財団が実施した緊急支援活動については、当財団ホームページ、ニュースレター「CARE World」、年次報告書及びに活動報告会等において、詳しくご報告をさせていただきます。
ご不明な点などございましたら、ご遠慮なく以下までお問い合わせください。
緊急支援基金についてのお問い合わせ
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン マーケティング部
TEL 03-5950-1335(平日10:00~18:30)
e-mail:bokin@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg