生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
支援する

あつめて国際協力

「あつめて国際協力」とは
ご自宅、学校やオフィスなどで使わなくなった品物や不用品でも処分する前に、まだ利用価値のあるモノがあります。人と人とがつながり、再利用を通じて、みんなで途上国の貧困問題を解決していこうというのが、「あつめて国際協力」です。収集されたモノは、換金され、途上国での女性と女子の自立支援に還元されます。

donation_circle.jpg ※期間限定!2017年12月迄、以下の商品を集めています!
ブックオフオンライン株式会社が買い取り、その買取額が寄付となります。
加えて、ブックオフコーポレーション株式会社が買取価格の10%相当額をご寄付くださいます。
下記対象商品他、本、CD、DVD、ゲームソフトなど5点以上で無料集荷の対象となりますので、
ぜひ、この機会に、ご協力をよろしくお願いします。お申込みは、こちらから。

①AV家電(iPod、デジタルミュージックプレーヤー、ヘッドフォン/イヤフォン、ポータブルDVDプレーヤー、
ポータブルCDプレーヤー、スピーカー、AVアンプ)
②コンピュータ(タブレット、ノートパソコン、電子辞書、外付HD)
③ハイエンド家電(液晶TV・ロボット掃除機など生活家電以外の家電)
④スマートフォン
⑤ホビー関連商品(プラモデル、フィギュア、玩具類)

集めているモノ

donation_hagaki.jpg donation_stamp.jpg donation_giftc.jpg donation_Tcards.jpg donation_game.jpg donation_coin.jpg
※クリックして詳細をご覧ください。


※【対象エリア】東京・神奈川・埼玉・千葉にお住いの皆様へ
以下の商品については、提携リサイクルショップ「お買取屋さん目黒山手通り店」が、ご自宅玄関先まで、無償でお引き取りに伺います。お申込み方法は、こちらをご覧ください。
また、買い取りについてご不明な点は、以下までお問い合わせください。

 お宝エイド受付センター(お買取屋さん目黒山手通り店内)(古物商:東京都公安委員会 第303291208982号)
 〒153-0063 東京都目黒区目黒3丁目8-10 TEL 03-5719-6665
お買取屋さん目黒山手通り店の「お宝エイド」


 ・貴金属(金・銀・プラチナ)
 ・宝飾品、アクセサリー
 ・ブランド品
 ・携帯電話、スマートフォン
 ・カメラ
 ・絵画・掛軸
 ・ギフト用品
 ・勲章・メダル
 ・懐かしのおもちゃ
 ・その他、対象商品の詳細は、こちらをご覧ください。

■どこにでも設置いただける便利な「収集ボックス」をご用意しております。
 A3の用紙に印刷して、切り取って作成いただけます。

支援者の声

きもの 目白 桔梗屋」を営むご夫妻

IMG_2912.JPG当財団が加盟している東目白振興会メンバーで、以前から「あつめて国際協力」にご支援をいただいている「きもの目白桔梗屋」さんをご紹介します。

桔梗屋さんは、JR目白駅から目白通りを東へ、都電荒川線を超えて不忍通りへ向かう左側にあります。天保年間創業、2017年には187周年を迎えた老舗呉服店です。

桔梗屋さんとCAREの出会いは、2015年夏の東目白振興会主催ハロウィンパーティの実行委員会でした。

実行委員会の場で「あつめて国際協力」の紹介をすると「うちのお店でも集めるよ!」とおっしゃって下さいました。その後、「うちのマンション(桔梗屋ビル)に"あつめてボックス"置いてもいいよ。宣伝も!」と強力なバックアップのお言葉をいただきました。そして、2017年4月に桔梗屋ビルさんに「収集ボックス」 が設置され、各戸へのポスティングも行ってくださいました。

atumetevoice2.jpg先日、桔梗屋ビルに様子を伺いにいったところ、「収集ボックス」には、多くの使用済み切手が入れられており、さっそく回収させていただきました。そして、驚いたのは、ポスターを「収集ボックス」横のみならず、各戸郵便受けの隣やエレベーター内にも張って(しかも桔梗屋さん自らの加筆もあり)、住民の皆さんへ周知してくださっていたことです。

また、「ずっと同じポスターだと、住民にとっては壁と同じ背景になってしまうから時々変えよう!ポスティングも続けよう!」とご提案くださいました。力強いバックアップの言葉に「あつめて国際協力」担当者は、涙がこぼれる思いでした。

なぜ、桔梗屋さんはこれほどまでにバックアップしてくださるのでしょうか?社長ご夫妻にお話しをうかがいました。

普段は自分たちの生活で手一杯で、それ以外に気持ちを向けることがなかなか難しい状況です。
でも、国内で大きな自然災害等があると、募金箱に寄付はしていたのです。でも、海外のことは考えたことはなかったなぁ。
IMG_2917.JPG

きもの 目白 桔梗屋さん店内

以前、「古着を集めて海外に送ろう!」という活動に興味を持ち、やってみようとしたけれど、送る品物に対するチェックが厳しくてハードルが高く、諦めてしまったこともありました。あの時は、支援をしようと思っても、入り口が見つけ出せない、やりたいと思ってもできないという状態でした。
でも、この「あつめて国際協力」は、箱を置くだけで協力できると思いました。こんな簡単なことで人助けができるなら、お役に立てるならと思ったのです。
今回は、箱を置いて、各戸ポスティングをしたら、2~3日で中に入っていたのです!ちゃんと読んでくださって、興味を持ってくださったのですね、ありがたいことです。
とのことでした。
海の向こうの国のために何かをすることは、敷居が高いと思われがちです。でも、そうではない方法もあって、「あつめて国際協力」が、その1つになれればと思っています。

【おまけ】

CAREの事務所は、目白通りに接したビルの中にあります。目白通りは、東に青果市場がある豊島区、西は練馬大根で有名な練馬区に位置し、昔は野菜を売りに来る農家の人々、その先の皇居への献上品を納める人々、あるいは目白不動や鬼子母神への参拝客で大変にぎわっていたそうです。人々は、青果市場や皇居、参拝の帰りに目白通りで、夕飯の材料や着物、お惣菜、お土産を購入し家路についたそうです。そのため、CAREの事務所周辺は、お豆腐屋さん、呉服屋さん、総菜屋さん、民芸品店が連なっています。

【これまでのインタビュー記事】

アンティークショップ「ギャルリ・ラビ」青木喜志子さん
手作りアクセサリーショップ「エクレクティク」店主 眞砂絵里子さん

よくある質問

Q: 受領書はもらえますか?
A: ご希望により書面にて郵送いたします。ご希望の方は、下記までご連絡ください。

Q: 「本・CD・DVD・ゲーム」が5点に満たない場合は?
A: 下記送り先までお送りください。その際は、恐れ入りますが、送料をご負担下さい。
  また、買取査定額の報告はできませんので、予めご了承下さい。

Q: なぜモノを集めているのですか?
A: 寄付金ではなく他の方法で国際協力の活動に参加したり、再利用を通じてみんなで途上国の貧困問題を解決していくためです。

Q:文房具や衣服、布製品などは、寄付できますか?
A:申し訳ありませんが、現在のところ適切な買い取り先がないため、お引き受けすることができません。

Q:モノを集めて、海外の人々に送ることはできますか?
A:輸送や配布にかかるコストの軽減に加えて、現地市場や文化等保護の観点から、当該国或いは周辺国での調達が優先されますので、原則としてお断りしております。また、自然災害や人災などによる緊急支援においては、いくつかの海外拠点に備蓄された支援物資を、直ちに被災地へと届ける仕組みが整備されており、大規模なグローバル調達により仕入れコストを大幅に削減することが可能になっています。

送り先

「あつめて国際協力」の送付先住所

〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
「あつめて国際協力」係
※「本・CD・DVD・ゲーム」の無料集荷のお申込フォームは こちらです。その他のお品物は上記送り先までお送りください。

お問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
「あつめて国際協力」係
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375 E-mail:atsumete@careintjp.org


  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg