生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

ベトナム社会主義共和国:社会的に排除された女性のエンパワメント事業

期間
2013年7月~2017年6月 (48ヶ月間)
地域
ホーチミン市、ハノイ市、カントー市
対象者(数)
・HIV/エイズ感染のリスクが高いとされる薬物使用や性産業に従事する女性約300名及び これら女性と生活をともにしている子どもたち
・上記対象女性から成る市民団体
主ドナー
オーストラリア政府資金 等
事業要請額
年間約3,500万円

事業の背景

VIETNAM-1.jpg

ベトナムでは、1990年からHIVの感染が急拡大しています。HIV感染事例が増える中、ベトナムでは、HIV/エイズの予防と管理に関する法律が2006年に施行され、HIV感染者の権利擁護や保健、教育、雇用等の社会サービス向上のため、環境整備が進められています。一方、実際の状況の改善は限定的です。HIV感染者と感染リスクの高い人々への偏見や差別が社会に根強く存在し、彼らが保健医療・教育のサービスを受ける際の大きな壁となっているとともに、就労の機会も限られ健康維持と生活の安定が脅かされています。

事業目標

HIV/エイズ感染者、性産業従事者、薬物使用者や性的マイノリティ等、感染リスクの高い社会的に排除された人々の権利を促進し、彼らの健康や生計状況を改善することで、社会的な立場の向上を図ります。本事業ではとりわけ、女性の薬物使用者や性産業従事者やその子どもたちの権利の是正に向けて、保健医療や教育等の社会サービを享受できる環境整備と、ライフスキル能力や生計能力の育成に重点的に取り組みます。

主な成果と活動

VIETNAM-2.jpg

1.女性の薬物使用者や性産業従事者の声を意思決定の場に反映できるようになります
- 対象女性から成る市民団体の能力強化を通して、地域でのアドボカシー活動を促進します。
- 意思決定を行う大きな会議やイベントに対象女性の声を反映させるために対象者の参加を促進します。
- 会議やイベントに効果的に対象女性の声を反映させるために、女性たちにコミュニケーションスキルを獲得するための研修を実施します。

2: 女性の薬物使用や性産業従事者の健康被害と社会的排除が軽減されます
- 対象女性から成る市民団体の能力強化を通して、対象者が充実した保健サービスを受けられることを支援します。
- 対象女性から成る市民団体が、夫や顧客、雇用主からの身体的、性的暴力を受ける危険を軽減するためのアドボカシー活動が実施できるように支援します。

3: 女性の薬物使用や性産業従事者とその子どもたちの生活の質が改善されます
- 対象女性に対して地域主導でライフスキル研修を実施します。
  - 対象女性が職業計画を立て、職業訓練を受け、生計手段を獲得する機会が得らえるように支援します。
- 対象女性が既存の保健、教育、公共サービスを自分自身や子どもたちにも受けられるように支援します。

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg