生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
キャンペーン最新情報

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2019」オンラインアンケートに対する当財団の回答をお伝えします

[ 2019.7.31 ]

当財団では、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2019」において「好きな時間、好きな場所で歩く」方法でエントリーいただいた皆さまを対象に、キャンペーン終了時アンケートを実施しました。アンケートにご協力いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

データの分析結果については、別紙歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2019」報告書をご覧ください。また、その他にもたくさんのご意見やご感想をいただきましたので、以下のとおり、ご紹介をさせていただくとともに、一部のご意見、ご質問等に対して、当財団からコメントさせていただきます。どうぞご一読ください。
ご質問、ご意見などがございましたら、下記お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

以下、歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2019」オンラインアンケートの参加者様による記述の回答、ご意見など、及びそれに対する当財団からの回答となります。

■質問3.(質問2「約3ヶ月という、キャンペーンの期間の設定はいかがでしたか?」に対して)その回答理由を教えてください。

<「ちょうどいい」と回答された方のご意見>
・梅雨入り前に終わるから。
・3か月程度が持続しやすいのでは。
・季節も暑くなる前で程よい。熱中症になりにくい。
・春から初夏という、一番歩きたいなと思う時期だったから。夏場は、どうしてもモチベーションがさがるので。
・歩こうというモチベーション的に丁度いい。
・いつも歩いていることもあり、チャリティーに参加していることを自分に言い聞かせるための期間としてはこれくらいがちょうど良いように思う。 ただ、春と秋の年二回実施というのはありかと思う。
・毎年「もう終わってしまったのか!」と思うが そのくらいがちょうどいい。ただ スタッフの方の負荷、スポンサーの意向、数など条件が許すなら年間何クールかあっても良いかと。
・この期間だと意識して取り組むのにちょうど良い長さだと思うから。
・比較的歩きやすい季節でもあり、緊張感も続く期間と思われるので。
・年に一度ということを考えると、3か月くらいがちょうどよい
・3か月くらいあると意識的に歩くことの評価ができるから。
・飽きなくて楽しく参加できたので
・終わってしまったとき短いと感じたか、だらけずに目的をもって取り組むには良い長さだったと思う。もう少し続けたかった、ぐらいがまた来年参加しようにつながると思う
・結果が累積されて思ったよりも歩ける。その期間、国際問題に意識が向きやすくなる。
・期間というよりは、時期が適切と感じています。寒すぎず、暑過ぎず、花見や新緑観察などウォーキングを楽しんでみたい季節なので
・ちょうど春のwalkやrunがしやすい、参加しやすい3ヶ月だと思います。
・1か月では短いので。但し今回は2ヶ月半で目標達成されたので、2か月でもいいかもしれません。
・一か月は短すぎましたからw
・無理なく参加できる
・三ヶ月なら少し無理しても頑張れる

<「長い」と回答された方のご意見>
・5月はもう歩数登録を忘れてしまう
・長く毎日意識することは難しい。
・歩数を手入力する手間は想像以上に感じた。なんらかのアプリを指定し、そのアプリ連携して歩数カウントするような仕組みであれば、もう少し気楽に取り組めたかなと思います。
・5月になると、どうしても入力がおっくうになってしまう。まとめて登録になってしまう。

<「短い」と回答された方のご意見>
・もっと長ければ、参加者も増えるかもしれない
・年中協力できればと思う
・年中やっていてもよいくらいに思う。恐らく暑くなるという配慮で6月以降ないのだろうけれど、6月くらいはまだ大丈夫かなと。
・あっという間でした。
・もう少し頑張りたかった
・通年でも良いと思う

【CARE】(質問3ご回答全体に対して):
多くのご意見をありがとうございます。気候や、終わった時のお気持ちなどを書いていただきとても参考になります。期間については、毎年皆さまのご意見や当財団の運営体制等を踏まえ、決定させていただきます。


■質問7.(質問6「お申し込み・決済の方法は簡便でしたか?」で「不便だと思う」を選択した方に)その回答理由を教えてください。

・通販のように単純なクレジットカード決済かコンビニ決済のほうがわかりやすかったです
・あまりpeatixsを使用していないため。
・ウオーキングイベントのみ参加したかったが案内はわかりにくいと思いました。
・私の個人的な感覚ですが、リピーター価格・期間は不要です。友人たちに告知するにも(参加経験者と初めての人たち向けで内容が異なり)2度手間になります。お心遣いはありがたいですが^ ^

【CARE】(質問7ご回答全体に対して):
ご不便をおかけし申し訳ございません。外部サイトpeatix(クレジットカード決済、コンビニ支払)と、郵便振替でのお申し込みを承っておりました。
手数料やお手続きの簡便性を鑑みこの2つを選びましたが、来年度以降も、都度、皆さまにより簡単にまた分かりやすくお申し込み、 ご紹介いただけるよう、サイトのリニューアルや文章の見直し、外部サイトの比較検討などを行っていきます。


■質問9.(質問8「オンラインでの歩数報告ページは使いやすかったですか?」に対して)その回答理由を教えてください。

<「使いやすかった」と回答された方のご意見>
・修正や過日報告もできたので気楽に報告できた。みんなの歩数一覧で日付けのおかしな報告があったのが不審だった。私の歩数履歴が常に3月(始まりの画面)であったので月が変わったら画面も変わって欲しかった
・去年よりは使いやすくなったけど、月が変われば歩数履歴も新しい月の履歴がトップに来ればもっと使いやすかった
・シンプルな入力が良いです。
・日々の歩数報告をサボって、何日分もまとめて登録する自分が悪いのですが、この時、過去の1日分報告した後 日付選択肢が暦日に戻ってしまうのが少々不便でした。
・特に戸惑うところはなかったから。
・その都度メールアドレスやパスワードを入れるのはやや面倒だった。
・概ね使いやすいのですが、月の選択後に「個人」「チーム」を選択すると、デフォルトの3月に戻ってしまうようなので、改善していただけると一層使いやすいと思われます。
・わかりやすいところにあったから
・使っていて不便さを感じなかったから
・数日分をまとめて登録することもできたから。以前、コメントを入力しないと登録出来なかったと思ったのだが、今回はそのようなこともなかったので。
・シンプルで使いやすかったです。入力のたびに3月の「私の歩数履歴」が出てくるのが、当月の履歴だとさらにありがたいです。
・登録していない日をチェックできる機能があればより助かるとは思いますが、大した手間ではないので、今のままでも大丈夫です
・登録自体は簡単だが、初期画面が「3月」「個人参加」に固定されてしまうため、4月以降の登録がちょっとだけ面倒。
・登録は問題はありませんでしたが 登録を忘れているメンバーがいたので自動登録になると更に良いと思います。
・毎回同じ方法なので、簡単です
・去年までに比べて、かなり使いやすく報告するのが楽でした。

<「使いにくかった」と回答された方のご意見>
・複数日をいっぺんに入力できたら助かりました
・歩数計と連動などできるといいですね。
・一週間分ほどまとめて入力していたので、当日日付からのスクロールでしか日にちを選択できないのはやりづらかった。カレンダー形式だとよかった。
・ページに行くまでに、スマホでみるとよくフリーズしてしまったから。
・表示は当月をデフォルトにしてほしい。毎回該当月をクリックするのが面倒。
・マイページの作成を良く理解していなかったため、サイトの呼び出しに手間取っていました。
・歩数や日にちの入力に誤りがある時に修正できないため。
・入力する日付は、システムで把握できるのだから、自動設定にして欲しい。(ページを開いた月日でプルダウンメニューが予め設定されているとか、データの入力がない日付が設定されるとか)
・毎年同じ改善が見られない
・4,5月になっても2019年3月が初期表示されるのが若干煩わしく感じた。そのほか、歩数を別のアプリで確認する際にマルチタスクで画面を切り替えると、日付の入力値が初期に戻ってしまうなどの点も、不便さを感じた。
・スマホで歩数をカウント、そして入力だったので、一度他に歩数を記録してから入力する形となり、少々面倒でした。記録がたまってしまいました。
・いったん登録すると、間違えたときに日付から設定しなおさねばならず面倒(修正機能をつけるか、入力を変更する内容を日付で選べるとよいと思います)
・いちいちログインしなきゃならない ブックマークすればよかった?
・日常の歩数を入力していたが、まとめて入力するには手間感があった。自分の歩数を一覧で入力したり見たりすることができれば便利だと思う。

【CARE】(質問9ご回答全体に対して):
多くのご意見をありがとうございます。主に当該月の表示につき、ご不便おかけし申し訳ございません。 昨年も同様のご指摘をいただいておりましたが、改善が叶いませんでした。
来年以降のキャンペーン時にはできる限り利便性を追求したいと考えております。 ただし経費を抑えるため、システムに詳しいボランティアさんの方の手を借りて歩数報告ページを作成しているため、 大幅な改善が難しい場合がございます。
なお、歩数とコメントの修正については、既に登録されている年月日の場合、歩数とコメントを上書きすることができますので、ご活用くださいませ。 また、複数日をまとめて入力する場合は、歩数欄に何日かまとめた歩数を入力し、コメントに〇月○日~〇月〇日までの分、等とご記入くださいませ。


■質問11.(質問10「歩数報告について:歩数を手動で打ち込むのではなく、歩数計アプリ内の歩数と自動連携することを模索しています。賛成ですか?」に対して)その回答理由を教えてください。

<「賛成」と回答された方のご意見>
・ただし、手入力の方法は残してほしい。スマホを持ち歩かない場合を考えて。
・現状の歩数報告は面倒なので、アプリがあると楽になると思う。
・スマホを使用する人にはいいと思いますので
・会社で参加しているヘルスチャレンジプログラムの万歩計がアプリ同期で便利だから。
・歩数登録を忘れてしまうから。ただし、「彼女の身になって歩く」は時折ちゃんと思い出します。
・入力不要なので
・アプリ連動にしたほうが「不正な」報告を回避できる。ただし、スマホを持っていないときの歩数がカウントされない不便さはある。
・入力が手間だから
・日々の歩数を忘れてしまうので。
・手間が減る。
・色んな機種があるので対応させるのは難しいかもしれませんが、チャレンジしてもらいたい。
・今回ダウンロードしてみて簡単だったので
・なぜ、アプリ化しないのかと思っていました。そうすれば歩数アプリとの連携も図れます。またアプリを軸にいろいろな展開が図れそうです。(コミュニティを作ったり、宣伝を入れたり...広告収入も得られるでしょう)
・自動連携なら小生のような怠け者でもオンタイムで登録できるので。ただし その歩数計アプリが 各自愛用の歩数計、活動量計、スポーツウオッチ等の専用アプリのデータを自動で取り込めるならば、ですが。
・賛成だが、手入力も残して欲しい。スマホを置いたまま出かけた場合等のため
・まさに今回入力が面倒だったので、連動されるとより参加しやすいと思います。
・毎回登録するのは少し手間。
・手入力と選べれば便利だと思います。
・歩数アプリが順調に動くなら賛成。使い勝手もあると思うので、可能なら複数のアプリ連携を希望する。
・歩数計のメモリーが7日間のため、今回報告漏れが何日かあったため。
・元々、アプリでカウントしているので。
・楽!
・歩数入力に少し手間感を感じていた。
・入力損ねが無い

<「反対」と回答された方のご意見>
・スマートフォンを持って計測しないと行けないのは不便 わたくしの場合スマートウォッチを利用しているのでそちらの連携ができるのであれば嬉しいです またウォーキングしている方が対象になり、生活歩数の報告が対象になりにくいのではないでしょうか
・ガラケーを使っているから、不可能になります。ずっと使っているガラケーの歩数機能が楽しくて、やる気を支えてくれています。
・いつもスマホを持ち歩いていないので、正確ではないので。

<「わからない」と回答された方のご意見>
・スマホを持たないこともあるので、アプリを使っても、追加分は結局手で打ち込むことになるのでは?
・スマホをもっていません
・各自好きなやり方でよい
・職場ではかなり歩いているが、スマートフォンは持ち込めないためアプリ連動だと協力できない。スマートフォン持ってない人もいるのでは?
・連携操作に伴う無用のストレスがどの程度かわからないので、使い慣れた方法で続けたい気持ちがある(保守的w)
・私、スマホ持ってません
・楽な反面、スマホの電池の減りが早いので、アプリを使うのやめて報告しないことになる人が出てきそうです心配。
【CARE】(質問11ご回答全体に対して):
多くのご意見をご記入いただきありがとうございます。今年はスタッフと参加者様数名で、アプリ連携のトライアルを行っておりました。
来年のキャンペーンは、ある歩数計アプリとの連携を進める予定にしています。 ただし、現行の手入力はそのままお使いいただき、参加者様が入力方法を選べるようにする予定です。
アプリを独自に開発するのは予算上難しいため、既にある歩数計アプリとの連携になります。

入力が楽になる一方、皆さまからのご意見の通り様々な課題が考えられ、またコメント入力やランキングページの統合も課題となっています。 さらに、歩数がランキングに反映されない日があるなど、自動連携の精度も確実ではないことが分かっています。
今後またご意見を伺う場合があるかと思いますので、その際はご協力いただけますと幸いです。


■質問25.来年のキャンペーン実施に向けて、ご意見・ご感想がありましたらお聞かせください。

・自主企画の告知や情報が少なくて残念 東海道はFacebookで見かけたが後はどこに情報があったのかわからなかった
【CARE】:
自主企画については主に、キャンペーンページ内の自主企画の部分での更新、CARE公式Facebookページ及びWalk in Her ShoesキャンペーンFacebookページでの情報発信を行っておりました。残念な思いをさせてしまい申し訳ございません。 来年以降は情報発信をさらに強化して参ります。ご意見をいただき誠にありがとうございます。


・年々、進化していると感じています。これからも楽しみにしています。 
【CARE】:
ありがとうございます。これからも多くの皆さまにご参加いただき、水問題や世界の女性や女の子が抱える課題を広く知っていただけるよう邁進いたします。


・脇坂さんはじめ、皆さま 今年もありがとうございました。 WiHSはその性格上、参加費は「寄付」。寄附金控除も受けられるので、「リピーター向けの参加費」(¥2,000)の設定は不要なのではないかと思います。割引=寄付が少なくなると思うので。 何かしら優遇して頂けるなら、参加費は同額の代わりに、Tシャツ他グッズの割引や、連続参加の賞品があったりすると嬉しいです。
【CARE】:
グッズ割引や連続参加の賞品など、新しいアイデアを教えていただきありがとうございます。 来年のキャンペーンに活かせるよう、検討させていただきます。


・来年は別チームを作りたいです。
【CARE】:
チームでのご参加ありがとうございます。チームは2名以上で結成していただけます。来年もご参加お待ちしております。


・年二回の企画を待ってます。
【CARE】:
2017年は「秋のWalk in Her Shoes」も実施しましたが、短期間で単発でのイベントの実施に終わりました。 2019年の「秋のWalk in Her Shoes」は現在検討中ですが、「好きな時間、好きな場所で歩く」ではなく別の方法で展開できないか模索中です。
展開できることになりましたら、追って皆さまにご案内させていただきます。


・設問3. をご参照下さい。
【CARE】:
当初の質問文の数字が間違っておりました。 ご面倒をおかけし申し訳ありませんでした。こちらの回答を見て修正いたしました。ご指摘いただきありがとうございました。


・多くの方がこのことを知り 参加しやすいキャンペーンになると良いと思います。
【CARE】:
より参加しやすいキャンペーンにするため、引き続き広報面にも力を入れキャンペーンを推進いたします。


・今年のウォークイベントは東京だったので、来年は大阪または兵庫でしてほしい。
【CARE】:
昨年までの大阪でのウォークイベントにご参加くださり誠にありがとうございます。
CARE事務所が東京にあるため、関西方面での開催にあたり、協賛企業さまや協力者様の多大なご協力が必要となり、 私たちだけでの開催は容易ではありません。できるだけ多くの皆さまにイベントに参加していただけるよう、 協力先の開拓に引き続き努めて参ります。
また、参加者様が企画運営する「自主企画イベント」も様々な地域(今年は5地域)で開催してくださっていますので、 自主企画イベントの開催のサポートにも力をいれていきたいと考えております。


・歩数を毎日登録するのがめんどうだったので、是非自動で登録出来るようにして下さい。
【CARE】:
ご意見ありがとうございます。アプリとの連携については話を進めていく方向です。 「質問11ご回答全体に対しての回答」をご覧くださいませ。


・Facebookのグループページは参加している、という実感が持ててとても良かった。
【CARE】:
グループへのご参加ありがとうございました。参加者様が様々な発信をしてくださり、私たちも参加者様の様子を知ることができました。
今年は、当財団から参加者様のメールアドレスにFacebookグループへの招待をしたことで、グループ人数が最大の70名様でした。 来年以降も継続し、発展させていければと考えております。


・お疲れ様でした!
【CARE】:
ありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。


・歩数計と連携できる人が増えれば、登録忘れやまとめて登録することが少なくなり、リアルタイムにみんなの歩数が分かるので事務局にもメリットが大きい。登録が面倒だという人にも敷居を低くできるので、大きなブレイクスルーになると思う。ぜひ実現していただきたい。
【CARE】:
ご意見ありがとうございます。アプリについては、システム上リアルタイムではなく、その日の夜の歩数連携になりそうです。
手動で登録をしなくても良いというメリットを活かせるよう実現に向けすすめていきます。 その他アプリとの連携については「質問11ご回答全体に対しての回答」をご覧くださいませ。


・Like a merry-go-round & round また春に会いたいと思います。
【CARE】:
ありがとうございます。春のキャンペーンとして定着していけるようこれからもがんばります。来年もまたよろしくお願いいたします。


・スタッフの皆さまにはいつも丁寧にご対応頂き有り難うございます!
【CARE】:
ありがとうございます。皆さまに支えられキャンペーンができています。来年もまたよろしくお願いいたします。


・きっと継続してくださいね。必ず参加します。参加できる自分でいられるよう努力します。
【CARE】:
ありがとうございます。来年の開催は決定していますので、来年もご参加いただけることを楽しみにしております。


・良い取り組み!ありがとう!
【CARE】:
ありがとうございます。この取り組みをさらに広げられるよう邁進いたします。来年もよろしくお願いいたします。


・いつものウォーキングイベント以外でも、ケア参加者と会える機会があるとニックネームと顔が一致して親近感が湧くきがします。
【CARE】:
参加者様同士の交流やコミュニティが生まれると、キャンペーンへの参加度合いが高まるのかと存じます。
新しいアイデアを書いて下さりありがとうございます。 来年のキャンペーンに活かせるよう、検討させていただきます。


皆さまからいただいたご意見は、次回以降の歩く国際協力「Walk in Her Shoes」に活かして参ります。
来年のキャンペーンへのご参加を、スタッフ一同、心よりお待ちしております。


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
キャンペーン担当
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: wihs@careintjp.org

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg