寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

ウクライナ人道危機:お礼と今後の支援について

2月24日に始まったロシアによる軍事侵攻後、同月末にはCAREは、ウクライナ西部の都市リビウにおいて、食糧や水、衛生用品、現金などの緊急支援物資の配布を開始しました。

以降、皆さまからのたくさんのご寄付をうけ、ウクライナでの支援実績が豊富な「People in Need」などとも連携して、可能な限り、支援を届けてきました。

その後、徐々に活動の範囲や地域を拡げながら、パートナー団体を増強し、現在では、複数のパートナー団体や援助機関、ボランティアなどとの連携のもと、リビウ近郊での支援を継続しつつ、南部のオデーサなどでも支援を開始しています。これも一重に皆さまからのご支援によって成り立っております。この場をお借りして、これまでの皆さまのご支援に対し心より感謝申し上げます。

すでに420万人もの人々が難民となって国境を越えるなか、CAREは、ポーランドやルーマニア、そしてモルドバなど、ウクライナに隣接する国境地域でも、支援活動を展開し、日々変化する人々のニーズに合わせて支援物資を調達し、配布しています。また、移動型トイレの設置や、テントやシェルターなど、暖かく安心できるスペースの提供のほか、トラウマを抱える人々へはカウンセリングなども実施しています。

そして、この戦争が長引けば長引くほど、人身売買、搾取、そして妊産婦の死亡など、特に女性や子どもたちへのリスクが急激に高まることが懸念されます。また、多くの民間人が犠牲になるなど、戦争被害が深刻さを増している事態に、強い懸念を抱いています。

CAREは、今後も、女性や子どもたち、高齢者など、最も困難な状況におかれた人々が取り残されるようなことがないよう、きめ細やかな支援を実施してまいります。

今、CAREによるウクライナ危機緊急支援に対して、日本をはじめ世界各国で支援の輪が拡がっています。

皆さまからのご支援は、引き続き、現地のニーズに応じた人道支援に充てさせていただきます。
国際NGO「CARE」によるウクライナ支援の活動へのご協力をよろしくお願いいたします。

ご支援方法についてのご案内

 クレジットカードでのご寄付の場合:
こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「ウクライナ危機緊急支援事業」をお選びください。
各種クレジットカードをご利用いただけます。

郵便局からのご寄付の場合:
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「ウクライナ(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当面の間、すべての職員に在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送が大幅に遅れる可能性がございます。予め、ご了承ください。


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org
活動レポート一覧に戻る

最新レポート

  • 「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催しました

    「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催しました

  • タイ「理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業(第2期)」2年次が終了しました

    タイ「理数系(STEM)教育を通じたリーダーシップ育成事業(第2期)」2年次が終了しました

  • 「ウクライナ危機緊急支援募金」の経過についてのご報告

    「ウクライナ危機緊急支援募金」の経過についてご報告いたします

  • ウクライナ人道危機:最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育

    ウクライナ人道危機:最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育

  • 「東ティモールフェスタ2022」に参加しました

    「東ティモールフェスタ2022」に参加しました

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE