寄付で支援する
Facebook
Twitter

寄付月間キャンペーン記念イベント 第2弾:「Facebookライブで職員×支援者クロストーク:私たち、CAREをこう思ってます!編」

11月26日(木)から12月28日(月)まで、CAREは寄付月間に伴い「CAREマンスリー・ギビング・プログラム(毎月の継続寄付)30人募集キャンペーン」を実施しています!これまでご支援・応援くださった皆さま、本当にありがとうございます。
”女性と女の子の未来を変える” CAREマンスリー・ギビング・プログラム30名募集キャンペーン

 当キャンペーンを記念して、CAREではオンラインイベントを開催しています。

オンラインイベント第2弾では、実際に、様々な形でCAREに関わる方々をゲストとしてお招きします!
私たちの国外での支援事業の説明に加え、普段あまり話すことない、国内での活動に焦点を充てて、活動を紹介します。

また、それぞれのゲストの方が、ボランティアとして、イベント参加者として、プロボノの写真家として、寄付者として、、、CAREに関わるようになったきっかけや、CAREの活動をどう感じているのか?など、職員とのクロストーク形式でお伝えしていきます!
~イベント当日はFacebook Liveのコメント欄で、メッセージやご質問を受け付けます~

オンライン上でのコメントをとおして、職員やゲストと視聴者の皆さまが交流できるイベントとなっています。ぜひ、お気軽にご参加ください。皆さまのご参加をお待ちしています!

【イベント詳細】

■日時:2020年12月7日(月)20:00~21:00
■形式:Facebook Live   CAREのFacebookをフォローしてください。
■参加費:無料
■お申込:Facebookイベントページの参加ボタンを押してください。
■お問い合わせ:camp@careintjp.org 

【こんな人におすすめ】

・ジェンダー平等、女性の自立支援、国際協力といった分野にご関心がある方
・CAREの海外での支援事業に加え、日本国内での活動も知りたい方
・NGOや国際協力の多様な関わり方を知りたい方
・日本にいながらできる支援について情報収集をしている方
・寄付にご関心がある方

【次回寄付月間キャンペーン記念イベント予定】

・第3弾:12月19日(土)午後(予定)
CAREをまるごと紹介!
「新プロジェクト!地球にも女性にもやさしい点滴灌漑を使って、貧困削減と女性のエンパワメントを目指すin東ティモール」編

”女性と女の子の未来を変える” CAREマンスリー・ギビング・プログラム30名募集キャンペーン

「CAREマンスリー・ギビング・プログラム」は、一月1,000円(1日あたり33円)から、毎月自動決済で継続的にご寄付いただく方法です。

ジェンダー平等を推進し、貧困のない公正な世界を、一緒に目指しませんか。

どうか、この機会に、毎月の寄付で、私たちの活動を支えてください。

【概要】
■日時:2020年11月26日(木)~ 12月28日(月)
■目標:CAREマンスリー・ギビング・プログラム参加者様を30名募る

詳細・マンスリー・ギビング・プログラムお申込は、下記ページよりお願いします。
>>”女性と女の子の未来を変える” CAREマンスリー・ギビング・プログラム30名募集キャンペーン

■お問い合わせ先:

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン 寄付月間キャンペーン担当
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375 Email: camp@careintjp.org

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 書き損じはがきなど収集強化キャンペーン実施中!「あつめて国際協力」へのご協力をお願いします

    書き損じはがき収集強化キャンペーン実施中!「あつめて国際協力」へのご協力をお願いします

  • 冬募金へのご協力のお願い:キルパニリさんのお話「強い心を忘れていません」

    冬募金へのご協力のお願い:キルパニリさんのお話「強い心を忘れていません」

  • 2020年度最も報道されなかった10の人道危機に関する調査報告書を公表しました

    2020年度最も報道されなかった10の人道危機に関する調査報告書を公表しました

  • 【重要】緊急事態宣言発出に伴う業務体制についてのお知らせ

  • 事務局長から新年のご挨拶

    事務局長から新年のご挨拶

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE