寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

関東と愛知県にて、街頭キャンペーン実施しています

ケア・インターナショナル ジャパンの活動は、皆さまのご寄付によって支えられています。

皆さまの継続的なご寄付のおかげで、私たちは、女性や女子など最も困難にある人々のため、数年をかけた自立支援活動を行い、人々が自ら貧困から抜け出せるようにチカラを育むことができます。そして、災害や紛争等の緊急時にも、被災者や避難民の命を1日も早く守るため迅速な対応を行うことができます。

多くの方に、この活動を知っていただき、ご支援の輪を広げるために、現在、関東(東京、千葉、埼玉、神奈川)と愛知県の街頭や商業施設などで、CAREの支援活動を紹介し、毎月の寄付「CARE マンスリー・ギビング・プログラム」へのご参加を呼びかけるキャンペーンを行っています。

街頭キャンペーンスタッフは、CAREの支援活動や、皆さまからのご支援の重要性を学ぶための研修を受けており、現地と思いを共有しながらキャンペーン活動に励んでいます。

キャンペーンスタッフを見かけられた際には、是非お気軽にお立ち寄りのうえ、スタッフの話に耳を傾けていただけましたら幸いです。

※本キャンペーンスタッフは、CAREのロゴが入ったユニフォームを着用の上、身分証を着用の上、活動しています。
※新型コロナウイルス感染症の予防対策を講じ、最大限感染リスクを下げることに努めながら本キャンペーンを実施しております。


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

    冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

  • 「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

    「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

  • CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約に署名しました

    CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約「変革のための誓い」に署名しました

  • COP27:温室効果ガスを最も多く排出している豊かな国々は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

    COP27:温室効果ガスを最も多く排出している先進国は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

  • 2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

    【14日(月)まで!】2クリックするだけ!2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE