寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

CAREは、ミャンマーの最も弱い立場におかれた人々を深く憂慮しています

今般、ミャンマーで起きた軍による政変に関し、CAREは、民意が尊重され、どのような相違も平和的な対話で解決されるべきという国連事務総長の談話を支持します。

ミャンマーにあるCAREの各事務所は一時閉鎖され、ほとんどの事業を中断していますが、一部はオンラインによる活動を継続しています。貧困削減に向けた活動を早期に再開できることを望んでいます。

CAREは、平和、自由、平等、そして人権を求めるミャンマーの人々とともにいます。

【ご参考】
CAREは、1995年からミャンマーにおいて、人道・開発支援活動を行っています。

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

    冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

  • 「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

    「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

  • CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約に署名しました

    CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約「変革のための誓い」に署名しました

  • COP27:温室効果ガスを最も多く排出している豊かな国々は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

    COP27:温室効果ガスを最も多く排出している先進国は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

  • 2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

    【14日(月)まで!】2クリックするだけ!2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE