寄付で支援する はじめての方へ
Facebook
Twitter

「ウクライナ危機緊急支援募金」へのご協力をお願いします

新着情報

ウクライナに現地事務所を開設しました(10月11日)
ウクライナ侵攻から半年、懸念されるメンタルヘルスへの深刻な影響(8月24日)
世界人道デー:ウクライナは人道支援従事者にとって試練を伴う事業地の一つとなっています(8月10日)
子どもミュージカル「グレーテル座」からご寄付をいただきました(7月15日)
ウクライナ人道危機対応の進捗レポート(6月28日)
「ウクライナ危機緊急支援」オンライン報告会を開催しました(6月23日)
「ウクライナ危機緊急支援募金」の経過報告(6月13日)
最前線からの声をお届けします ~子どもたちのライフラインとなる教育(6月7日)
緊急ジェンダーレポート公表 ~戦争による女性とマイノリティへの影響が明らかに(5月11日)
【こどもの日】ウクライナの子どもたちの瞳に映る、戦争を紹介します(5月5日)
国内に留まる5万人に対して緊急支援を提供しました(4月27日)
スロベニア赤十字と6台のトラックで水や食糧などを届けました(4月25日)
精神科医に緊急心理社会的カウンセリング研修を実施しています(4月21日)
お礼と今後の支援について(4月12日)
必要な物資は日を追うごとに変わっていきます(4月4日)
ウクライナ国内で支援を行う職員からの最新報告(3月29日)
ポーランド国境の最前線で情報収集にあたるCARE職員の1日(3月19日)
【緊急ジェンダーレポート】ジェンダー特有のリスクへの対応の必要性を訴えています(3月17日)
ルーマニア、モルドバ、ポーランド国境での支援を開始しました(3月14日)
多様性への配慮 ~地元団体と連携して、きめ細やかな支援を行っています(3月10日)
国際女性デーに寄せて ~ウクライナで高まる女性たちへのリスク(3月8日)
緊急支援物資が、ウクライナ西部の都市リヴィウに到着しました(3月1日)


ルーマニア国境で活動するスタッフからのレポートです。
寒さの中、避難してきた人々に、どのようにあたたかい支援を届けているかをお伝えしています。


ウクライナおよび周辺国で緊急支援を開始しています

2月24日に始まったロシアのウクライナ侵攻による人道危機をうけて、今、ウクライナの人々は、日本を含む、世界からの支援を必要としています。

CAREは、ウクライナ国内に事務所を有しませんが、この人道危機を踏まえ、日本を含む世界のCAREが連帯して緊急支援に取り組むことを決定しました。CAREには、例えばシリアやアフガニスタンなど世界各国の紛争地域における豊富な緊急支援の実績とノウハウがあります。これを活かしつつ、同時に、ウクライナ国内および周辺国での活動実績がある地元パートナー団体と連携して、既に、緊急支援を開始しています。

3月8日、ウクライナ難民の数は、200万人超に

今回のロシア侵攻以前からウクライナは、長きにわたる紛争の中にあり、人道的な支援を必要としている人々が、290万人もいる状況でした。そして、今、この数は急激に増加しています。

「この戦争は、ほとんど忘れられていたウクライナの人道的危機に対する、世界の注目を今、集めています。ウクライナ東部で暮らす人々は、この8年間ずっと紛争に苦しんできました。毎日が生き残るための戦いです。

ロシア侵攻の以前から、攻撃や暴力への恐れに加えて、何百万もの人々が、生きていく上で必要なものやサービスにアクセスできていません。 新型コロナウイルスのパンデミックは、状況をさらに悪化させています」と、CAREの事務総長のソフィア・スプレッチマンはいいます。

そのような中で、今回、ロシアの侵攻が始まりました。

「世界は今、考えられない事態に直面しています。2月24日に始まった敵対行為の激化は、より広い地域へ影響を与えることに留まらず、ウクライナの人々に壊滅的な危機をもたらしています。
その影響は、ウクライナの一般の人々にまでも及んでいます。すでに暖房や食糧などの基本的なニーズを満たすことが困難な状況に陥っており、今では安全な避難所を見つけることに必死です」

CAREの緊急支援について

わたしたちCAREは、複数のパートナー団体と連携して、ウクライナ国内および周辺国にて、次のような、緊急支援活動を行います。

1. 食糧、水、衛生用品、そして現金などの緊急支援物資の配布
2.
ウクライナの人々への心理的影響とトラウマを緩和するための心のケア
3. その他、今後、ウクライナの国内避難民および難民が必要とする支援

2月末にCAREは、ポーランドから、ウクライナ西部の都市「リヴィウ」への緊急支援物資の輸送を開始。そして、3月1日から数日間にわたり、食糧、水、衛生用品、そして現金などの緊急に必要な物資の配布を継続しています。

さらに、ポーランドやルーマニア、そしてスロバキアなど、ウクライナと隣接する国境でも、物資の配布とともに、移動型トイレの設置や、テントやシェルターなど暖かく、安心できるスペースの提供などを行っています。

CAREの強みである「女性や子どもたち」への支援に重点

現地では、危機的状況の中で、女性や女子の人身売買、搾取、妊産婦死亡などのリスクが高まっています。そのような中、特に女性や子どもたちへの人道援助と保護が必要となっています。

特に国境を越えて逃れる難民の多くは、女性や子どもたちであり、CAREは、紛争から逃れ、疲れ果て、混乱の中、国境に到着する人々の難民登録をサポートし、付き添い、次の避難場所までの交通機関の調整を行うなど、様々な支援を行っています。中には、たった一人で避難してくる子どももいます。そのような場合は、すぐに保護することが必要です。

また、CAREは、母親が安心して授乳ができるスペースの支援や、おむつや粉ミルクなど乳幼児を伴っての避難に際して必要となる物資の支給など、妊産婦への支援にも力を入れています。

CAREの緊急メディアマネージャーのナインジャ・タポロギーは訴えます。

「母乳育児中の母親妊婦なども、氷点下の寒さの中で最大2日間、国境を越えるためにたなくてはなりません。あなたが乳児と一緒に道路にいて、寒さから赤ちゃん守り母乳を与え、他に行く場所がない状況を想像してみてください。または、あなたが妊娠しているために国に留まることを選択したけれど、砲撃の危険性があるために地元の病院が閉鎖されることになった場合を想像してみてください。一体、赤ちゃんをどこ出産すればいいのでしょう?」

今、この瞬間に起きているウクライナの人道危機に、皆さまのご支援をお願いします

戦争の長期化が懸念されるウクライナにおいて、CAREは中長期に関わっていきます。皆さまからのご支援を心からお願いいたします。

*ケア・インターナショナル ジャパンは、内閣府より「公益財団法人」としての認定を受けています。これにより、支援者の皆さま(個人・法人)からの寄付金については、特定寄付金として、一定の要件の下に税制上の優遇措置が受けられるようになります。また、一部の自治体では、個人住民税の寄付金控除の対象となります。

数日かけて、数十km、数百kmの道のりを、徒歩や車で逃れ、国境では寒い中、2日間、待つことも。命からがら逃れてきた、憔悴しきった心と身体に、まずは1杯の温かい紅茶を。特に、女性や子どもが一人で避難する場合には「保護」が必要です。

支援センターの一角。サンドイッチや温かいパスタのほか、果物、日持ちする食糧品、飲み物、衛生用品ほか生活必需品など、必要な物資を受け取ることができます。赤ちゃん用のおむつや粉ミルクなども提供しています。

ルーマニア国境に集まる大量の支援物資の管理や、次の避難場所までの交通機関の手配などの調整を行う職員。着の身着のまま逃れてきた人々が、それぞれ必要とする支援を迅速に、そして確実に提供するために、昼夜問わず活動しています。

ルーマニア国境を超える人々の多くは、ルーマニアに留まらず、別の国を目指します。さらなる避難の前のわずかなひと時に、少し心を落ち着けたり、授乳をしたりする、安全で暖かいスペースを提供しています。

国境を超える難民は、兵士としてウクライナに残る家族を置いて避難する女性と子どもがほとんどです。住む場所や収入をなくした女性たちは、性的搾取を含むあらゆる「搾取」の危機と隣り合わせです。今後、CAREは妊産婦への支援なども予定しています。

ウクライナ国内では、東欧最大のNGOの1つ「People in Need」、またルーマニア国境では過去20年間にわたるパートナーである「SERA」と連携。弱い立場におかれた人々が搾取されないよう、性別、年齢、障がいなど多様性に配慮した支援を行います。

ウクライナや近隣国では、気温が氷点下を下回る日が続き、雪がちらつく中での避難となることも。戦火の恐怖、家族と離れ離れの孤独、先が見えない不安、多くの心理的ストレスやトラウマが懸念されます。CAREは、心のケアの支援も行っていきます。

ポーランド国境では、難民が休めるよう暖かく安全なスペースを提供しています。同時にポーランドから、ウクライナ西部の都市「リヴィウ」へ緊急支援物資を輸送。国内から西へと逃れる多くの人々に対し、食糧や衛生用品などの配布支援を開始しています。


ご支援方法についてのご案内

 クレジットカードでのご寄付の場合:
こちらから「今回の寄付」をご選択の上、寄付の使途は「ウクライナ危機緊急支援事業」をお選びください。
各種クレジットカードをご利用いただけます。

郵便局からのご寄付の場合:
<口座番号> 00150-4-49006
<加入者名> 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
※郵便局窓口にて、振込手数料が無料の口座である旨お申し出ください。
※お振込いただく際は、振込み用紙の通信欄に必ず「ウクライナ(W)」と明記してください。記載がない場合は一般寄付としてお取り扱いいたします。

寄付金については「寄附金控除」の対象となります。
個人および法人の皆さまからのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。なお、個人の皆さまへの領収書は、ご希望いただいた方にのみ発行させていただきます。必ず通信欄にその旨明記していただくようお願い申し上げます。

【領収書発行を希望する皆様へ】
寄付金控除のお手続きには領収書が必要となります。領収書の発行については以下をご覧下さい。
オンライン寄付の場合:「領収書の送付」の項目にチェックを入れて下さい。
郵便局からのご寄付の場合:振込用紙の通信欄に「領収書要」と明記して下さい。

*当財団は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当面の間、すべての職員に在宅勤務を奨励していることから、領収書の発送が大幅に遅れる可能性がございます。予め、ご了承ください。

関連情報

紛争・自然災害への対応
グローバル緊急ジェンダー分析報告書
 財政不安、飢餓、心の健康 –CAREの独自調査により世界の女性が抱える問題が明らかに

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: bokin@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

    冬募金へのご協力のお願い:今、世界は史上最大の「食糧危機」に突入しています

  • 「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

    「変革のための誓い」:CAREの事務総長が語る脱植民地化への「旅路」

  • CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約に署名しました

    CAREを含む国際NGOは、2030年までにより公平な援助システムを構築するための途上国主導の誓約「変革のための誓い」に署名しました

  • COP27:温室効果ガスを最も多く排出している豊かな国々は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

    COP27:温室効果ガスを最も多く排出している先進国は、損失と損害の代償を支払わなければなりません

  • 2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

    【14日(月)まで!】2クリックするだけ!2022年「フェリシモ地球村の基金」審査に向けて、皆さまの一票をお願いします

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE