寄付で支援する
Facebook
Twitter

【締切:11/30(火)まで】ファンドレイジング担当者(フルタイム職員)を募集します

職 種 マーケティング部所属 ファンドレイジング担当(フルタイム職員)
人 数 1名
職務内容 個人向けファンドレイジング関連の業務全般を担当し、財政基盤の強化と支援者の拡大に貢献するファンドレイジングの戦略作りと実践を行う。主として、以下の各施策を担当し、新規個人支援者の獲得および既存個人支援者による支援の維持拡大に向けて注力する。
・直接勧誘活動(F2F)を通じた新規定期支援者獲得 
・個人会員
・オンライン募金/クラウドファンディング
・ダイレクトメール
・スポーツチャリティ
資格要件 CAREのビジョン・ミッションに賛同し、活動に深い関心と理解がある方
・資格:大卒以上
・能力:語学力(目安としてTOEIC700程度)
    PCスキル(MS Word、Excel、Power Point)
・経験:一般企業または国際協力の団体・機関などにおける勤務経験3年以上。
待 遇 本財団の規定による。契約期間1年間(更新の可能性あり。試用期間3か月)。
各種社会保険完備。交通費支給。
受動喫煙防止対策:屋内禁煙
勤務地 (公財)ケア・インターナショナル ジャパン 東京事務所
※現在は、在宅勤務を推奨していますが、引継および試用期間については、事務所での勤務が想定されます。
勤務期間

2021年10月以降勤務開始

勤務時間 就業規則による
通常、10:00~18:30の間勤務
応募方法 以下書類を、Eメールにて下記宛てに送信してください。
郵送による応募はご遠慮ください。件名には「FR担当者募集2021-10」とお書きください。書類選考後、面接等詳細につきご連絡いたします。
1)履歴書
2)職務経歴書
3)志望動機書(各A4/1枚程度)
※応募書類は選考終了後、責任をもって破棄・削除いたします。
応募期間 2021年10月31日(日) 11月30日(火)締切 (当日受領分まで有効)

※但し、応募があり次第、選考を実施しますので、早めの応募をお願いします。

連絡先 (公財)ケア・インターナショナル ジャパン(財務・総務部)
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: recruiting@careintjp.org

担当者からのメッセージ

ファンドレイジング業務は、CAREを知っていただき、共感を得るとともに、その共感をボランティア、イベントへの参加、ご寄付という形で現わしていただけるよう、働きかけるポジションです。既存の支援者さまが対象になる場合が多いので、貧困削減やジェンダー平等に向けてケア・インターナショナルが一丸となって取り組んでいることを、より多角的に、より深く伝えることが求められています。これらの過程では、支援者さまとコミュニケーションをとる機会があり、また、ご寄付の数値も目に見えやすいため、とてもやりがいがあります。また、世界中で活動するケア・インターナショナルのメンバー国や、事業地の情報を知ることもでき、自身の知見や経験を深めながら、業務にあたることができます。分析や検証を経て、より効果的な施策を提案、実行できる環境も整っています。積極的なご応募をお待ちしております。

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • ファンドレイジング担当者(フルタイム職員)を募集します

    【締切:11/30(火)まで】ファンドレイジング担当者(フルタイム職員)を募集します

  • 国際ガールズ・デー:アフガニスタンで、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

    国際ガールズ・デー:アフガニスタンで、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

  • 国際ガールズ・デー:途上国の女性や女子を取り巻く課題が分かる!「すごろく」をプレゼントします

    国際ガールズ・デー:途上国の女性や女子を取り巻く課題が分かる!「すごろく」をプレゼントします

  • アフガニスタンで人道支援活動を再開しました ―農閑期や、今、起きている食糧危機を踏まえ、種子、農具、肥料などを配布

    アフガニスタンで人道支援活動を再開しました ―農閑期や、今、起きている食糧危機を踏まえ、種子、農具、肥料などを配布

  • 【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

    【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE