寄付で支援する
Facebook
Twitter

歩く国際協力WiHS定期通信vol. 5 「4月歩数賞発表&Cの写真3倍ウィーク開催決定!」


歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーン
「好きな時間、好きな場所で歩く」にご参加の皆さま

※English follows Japanese.
こんにちは!
ケア・インターナショナル ジャパン担当の神と申します。

WiHS(Walk in Her Shoes)参加者様への定期通信、第5弾をお送りいたします。

5月になりました!皆さまよいゴールデンウィークを過ごされましたでしょうか。
キャンペーン開始から約2か月。目標を超える多くの方に参加していただき、皆さまの歩みにより総歩数も5億歩到達しました!誠にありがとうございます。
「C」の写真は目標まであと約500枚です!フォトコンテストも開催中ですので、ぜひたくさん「C」の写真を投稿してみてください。
(詳細はトピック2をご覧ください)
キャンペーン終了まで約1か月を切っております!最後まで皆さまで盛り上げていきましょう!

参加者様には、月に2回ほど、定期通信をお送りしています。
件名の「WiHS」は、Walk in Her Shoesの頭文字を取った略称です。
お時間ある時にご一読ください!

【最初に:新型コロナウイルス感染症対策に関するご注意】
新型コロナウイルス感染症は国内外で未だ感染収束には至っていません。
外でウォーキングなどの運動をされる際は、お住まいの場所の政府、地域の自治体の指示に従ってください。
また、ご自身の体調を十分に管理し、他の方と適切な距離をあける、手洗い・消毒など、
周りの方に移さない/移らない行動を取りましょう。

■歩く国際協力WiHS定期通信vol.5のトピック■
1. 4月の抽選発表
2. Cの写真3倍ウィーク開催します!(5月15日~21日)
3. 5月はイベントに参加しよう!参加者交流会&学生パートナーイベント
4. 事業紹介第二弾:東ティモール農業用水改善事業
5. その他お知らせ

【1、4月の抽選発表】
先日、4月の月間歩数賞の抽選を行いました!
月間歩数賞とは、当該月に一回でも歩数を登録している方の中から、翌月はじめに毎月くじで抽選を行い、毎月2名様+2チームに当たる賞です。
「手動入力」で歩数報告する方の中から1名様+1チーム、「自動連携」で歩数報告する方の中から1名様+1チームとなります。
(4月の歩数賞は、5月初めに抽選、発表、送付)

★4月の月間歩数賞 当選者様★
(個人)
マリさん
LiveRun♫makkyさん

(チーム)
One to Win ViiV運動部
とことこ歩く子元気な子

当選者の皆さま、おめでとうございます!
当選者様には、協賛企業さまからの賞品を差し上げます。

【2、Cの写真3 倍ウィーク開催します!(5月15日~21日)】
この度、5月15日(土)から21日(金)の一週間、寄付金額3倍ウィークを行います!

履物と一緒に撮った「C」の写真を #歩く国際協力 のハッシュタグをつけて、
公開設定でSNS(Instagram・Facebook・Twitter)にアップしていただくと、
1枚につき通常100円のところ、3倍である300円が特別協賛企業から寄付されます!

履物なら、靴でも靴下でもスリッパでもなんでも構いません。靴の種類も問いません。
履物で「C」を作らなくても大丈夫です。履物と「C」の写真が一緒に写っていれば、お題クリアです。
何個の履物と「C」の写真を撮れるか、ぜひチャレンジしてみてください!

☆「C」の写真3倍ウィーク☆
■お題:履物と一緒に「C」の写真
■期間:5月15日(土)〜5月21日(金)
どなたでも参加できます!

もちろん、この期間中、通常の「C」の写真も募集しています!
そして、5月31日まで、フォトコンテストも開催しております。
「カラフルで賞」「アイデア賞」「ナイスポーズで賞」「いい景色で賞」「はなれていても一緒で賞」の 5つのテーマで募集しています!
5月31日までに投稿いただいた写真から、受賞作品を決定し、受賞者には協賛企業からの賞品を贈呈いたします!ぜひこちらも狙ってみてください!

【3、5月はイベントに参加しよう!参加者交流会&学生パートナーイベント】
5月は、キャンペーン最終月ということで、2つの関連イベントをご用意しています。
皆様と交流しながら盛り上げていきたいと思っております。
どちらも無料ですので、ぜひお気軽に御参加ください!

★その1 :5/21(金)夜:参加者限定オンライン交流会 第1弾
5月21日夜に、「好きな時間、好きな場所で歩く」参加者さま限定の、
オンライン交流イベント第1弾を開催いたします!
当日は、参加者さま同士での交流はもちろん、事務局からはキャンペーンの進捗や
暫定ランキング発表、賞品をかけたクイズなどお楽しみ企画をご用意しています!
このキャンペーンで一緒に歩いている人たちは、
どんなところで、どんな思いで、歩いているのか?
ほかの参加者さんの話をちょっと聞いてみたい、話してみたいという方!
金曜の夜、お仕事や学校終わりに是非お気軽にご参加ください。
なお、第2弾も6月4日(金)または5日(土)開催予定です。
皆様のご参加お待ちしております!

■対象者:「好きな時間、好きな場所で歩く」の参加者様
■日時:2021年5月21日(金)19時~20時半
■形式:Zoom
■参加方法
以下のGoogleフォームからお申込みください。(締切:2021年5月20日(木)まで)
https://forms.gle/rdgkJeJh6eqhuhf89
■ご注意:
お申込みの方に、開催前に、ZoomのURLリンクをお送りします。
メールアドレスはwihs@careintjp.orgが受信できるように設定をお願いいたします。

★その2:5/23(日)夜:Walk in Her Shoes×学生団体 スペシャル対談
https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/news/wihs2021_event0523.html
歩く国際協力Walk in Her Shoes キャンペーンは、今年から学生パートナーを
新設し、学生団体の皆さんが参加しキャンペーンを盛り上げてくれています。
そこで、インターン発の企画として、学生団体のご紹介とともに、学生目線で
国際協力について考えることを目的としたコラボイベントを開催いたします。

前半は各団体について活動紹介、後半は各団体の学生とCAREスタッフの
対談形式でお送りします。どんなきっかけ、どんな思いで国際協力に関わり、
そして今後どのような活動をしていきたいと思っているのか、
各団体のメンバー、参加者様と共にインタラクティブに進めていきたいと思っております。

学生パートナーの活動に関心のある方、国際協力を志す学生たちの今の想いを
聞いてみたい方、今まであまり国際協力に興味がなかった方でも、大歓迎です。
お気軽にご参加ください。

■日時:2021年5月23日(日)19時半~21時
■ゲスト登壇団体:
国際ボランティア団体APOLLO、学生団体Infinite Connection、Otro Camino-SDGs OBIRIN、学生国際協力団体SIVIO 東海支部、One Step
■形式:zoom
■参加費:無料
■定員:100名
■お申込:
以下のGoogleフォームからお申込みください。(締め切り:5月19日(水))
https://forms.gle/7Fbje6VhZ5VuR2r67
■ご注意:
お申込みの方に、開催前に、ZoomのURLリンクをお送りします。
メールアドレスはwihs@careintjp.orgが受信できるように設定をお願いいたします。

【4、事業紹介第二弾:東ティモール農業用水改善事業】
今回はケア・インターナショナル ジャパンの事業紹介第二弾として、
東ティモールにおける「農業用水改善事業 」をご紹介します!

首都ディリから南45キロに位置するエルメラ県アッサベ郡は、住民の大多数が零細農民の貧困に苦しむ農村地域です。同地の農業生産性は低く、生業状況は脆弱です。
その背景には、気候変動に伴う天候不順等、様々な要因がありますが、乾季の水不足も農業を妨げる大きな要因です。
雨季の天水に頼った穀物の生産だけではなく、農業を多様化し、年間を通じ作物が収穫できる環境を改善するためには、農業用水設備の整備を進め、乾季の水不足を解決することが重要です。

このような脆弱な生活基盤に加え、事業対象地の男性農民と女性農民の生産性には31%の差があることが報告されています。
多大な労力を必要とする水汲みと農作物への水やりは女性農民が主に担っています。
しかし、農業用水設備を整備することで、水汲みおよび水やりにかかる労働から女性農民を解放することが可能となります。
農業においても家庭においても多くの労働を担っている農村地域の女性の労働負担が軽減されることにより、水汲み以外の農作業に従事できる時間が増えることが推察され、女性農民の生産性の向上、そして長期的には地域全体の農業活性化に寄与できます。

<具体的な活動>
●水源を保全し、貯水タンクおよび水路を造ります。
●点滴灌漑を設置することによって、農地で水を効果的に利用します。
●点滴灌漑設備を維持管理するための水管理委員会を農民グループ内に設置し、能力強化を図ります。
●水管理委員会およびコミュニティの人々を対象にジェンダー平等研修などを行います。

※女性にもやさしい「点滴灌漑」とは
点滴灌漑とは、農地に張り巡らされたチューブ内に水を流し、等間隔に開けられたチューブの穴から水が染み出して、作物の根周辺に直接水やりをする方法のこと。より適切に根に水が与えられるため、スプリンクラーなどに比べて、点滴灌漑は蒸発と深部への排水を減らすことで水の節約となります。世界の水消費の70%が食糧生産に使われている中、点滴灌漑の最大の強みは、節水と省エネ性。また、高低差を利用するため、低コストで省労力なシステムで、水汲みや水やりなどの労働から女性農民を解放することが可能となります。

【5、その他お知らせ】
・ウォーキングパートナーの取組紹介
Walk in Her Shoesキャンペーンには、多くの企業様にもご協力いただいています。
社員が団体で参加をする「ウォーキングパートナー」の企業様へのインタビューを紹介します。
〜デロイト トーマツ グループ編〜
https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_wp_deloitte.html

・定期通信Vol.1~4のWEBバックナンバー
こちらからご覧いただけます!
Vol.1 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol1.html
Vol.2 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol2.html
Vol.3 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol3.html
Vol.4 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol4.html

・歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンSNS
たくさん更新しています。是非いいね&フォローしてください!
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/carewihs/
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/care_wihs
Twitter ⇒ http://twitter.com/care_wihs

最後に…
歩く国際協力WiHS定期通信vol.5、最後までお読みいただきありがとうございました!
5月31日までのキャンペーン期間中、どうぞよろしくお願いいたします。


Walk in Her Shoes NEWSLETTER vol.5
“Announcing the Winner of “Walking Steps Award of the Month in April & “Photos of C Donations x3” Week!

Hello there!
This is Yuko JIN with CARE International Japan.

Here, we are sending the semi-monthly newsletter vol.5 to the participants of WiHS (Walk in Her Shoes).

May is here! We hope you had a great holiday during the Golden Week.
It’s been almost two months since the campaign kicked off. There are far more participants joining the campaign than our initial goal, and thanks to all of your cooperation, the total count of steps reached 500 million! We are grateful for your support.
Meanwhile, we need 500 more photos of C to achieve the goal! There is an ongoing photo contest as well, so please make sure to post as many photos of C as possible. (For more information, please check Topic 2 below.)
There is less than a month left until the end of the campaign, so let’s continue working for it!

We are sending newsletters to our participants, generally twice a month.
“WiHS” in the title is short for “Walk in Her Shoes.”
Enjoy our content when you have time!

【Attention:COVID-19 prevention measures】
COVID-19 has not yet been brought under control in and out of Japan.
We ask you to follow the instruction given by your local government or municipality when exercising outside.
Also, please take good care of your health and take actions that can protect yourself and people around you with steps like social distancing, hand washing and disinfecting.

■Topics of the WiHS Newsletter Vol.5■
1. Announcing the Winners of Walking Steps Award of the Month in April
2. Information on “Photos of C Donations x3” Week (May 15th to May 21st.)
3. Check out the Events in May! Social Event for the Participants & Event by Student Partners
4. Project Introduction Vol.2: Atsabe Rural Development Project for Improvement of Agricultural Water Supply System
5. Other Information


【Topic 1. Announcing the Winners of Walking Steps Award of the Month in April】
We are excited to announce that we’ve decided the winner of the Walking Steps Award of the Month in April!
“Walking Steps Award of the Month” is determined by drawing lots to choose the winning two individuals and two teams who registered their steps at least once during the month. The lottery takes place at the beginning of the following month to decide the winners.
An individual and a team will be chosen among the participants with “manual inputs” registration, and another individual and team each will be selected among the participants with auto-inputs registration.
(The awards for April will be determined, announced, and sent at the beginning of May.)

★Winners of April★
(Individual)
マリさん
LiveRun♫makkyさん

(Team)
One to Win ViiV運動部
とことこ歩く子元気な子

Congratulations to the winners!
The winners will receive great prizes offered by our cooperating companies.


【Topic 2. Information on “Photos of C Donations x3” Week (May 15th to May 21st.) 】
During the week of May 15th (Saturday) to May 21st (Friday), the donations from each photo of C will be increased by three times!

When you post a photo of C on Instagram, Facebook and Twitter, 100 yen will be donated for each photo in this campaign. During the week of May 15th, however, each photo of C taken with footwear will result in a donation of 300 yen, which is three times larger than usual! Please note that when you post a photo, it must be posted on social media with “public” setting and have the hashtag “#歩く国際協力” or "arukucharity".

The footwear in the photos can be anything; shoes, socks, sandals, and so on.
You do NOT need to make the word C out of your footwear as long as there are footwear and C in a photo. Please try out and see how many photos of footwear and C you can take!

☆Photos of C Donations x3 Week☆
■Theme:The photo of C with footwear
■Time:May 15th (Saturday) to May 21st (Friday)
Everyone is welcomed to participate in this challenge!

We will also appreciate the photos of C outside the theme above during this month!
Additionally, there is a photo contest going on until May 31st.
The five themes of the photo contest are the following; “Colorful award,” “Great idea award,” “Nice posing award,” “Good view award,” “We are together beyond distance award.” The winning photos will be chosen among the ones posted by May 31st, and the winners will earn the prizes offered by our cooperating companies. So, there is no reason to skip this challenge!

【Topic 3. Check out the Events in May! Social Event for the Participants & Event by Student Partners】
We are hosting two special events this month as May is the final month of the campaign.
The events will be amazing opportunities to connect with other participants. Both events are free to participate in, so please join us and have a great time! (However, both will be held in Japanese only)

1) Join us on May 21st for our ‘Online meetup vol.1’!
* This event will be held only in Japanese.
On the evening of May 21st, we will hold the online meetup vol.1 exclusively for WiHS participants!
In addition to Interacting with each other, we are preparing fun projects such as campaign progress, ranking announcements, and quizzes with prizes!
Where do the other participants walk and what do they think? If you would like to hear or talk about other participants, please feel free to join us on Friday night at the end of work or school.
The second meetup will also be held on June 4th (Friday) or 5th (Saturday).
We look forward to your participation!
▪ Date: May 21, 2021 (Friday) 19: 00-20: 30 (online, Zoom)
▪ How to participate:
Please apply from the Google form below.
Deadline for Thursday, May 20, 2021
https://forms.gle/rdgkJeJh6eqhuhf89


2)Join us on May 23th for our collaboration event with Student Partners
* This event will be held only in Japanese.
Since Walk in Her Shoes campaign set up a new partnership, “Student Partners” starting this year, student groups are participating in the campaign.
Therefore, as an internship project, we will hold a collaboration event with the aim of introducing student groups and thinking about international cooperation from the students’ perspective.

In the first half of the event, we will introduce the activities of each group, and in the second half CARE staff will interview students of each group. We would like to interactively discuss what inspired the members of each group to be involved in international cooperation, what they think of when they participate and what kind of activities they would like to do in the future.

We welcome those who are interested in the activities of student partners, those who want to hear the current thoughts of students who aspire to international cooperation, and those who have not been interested in international cooperation too.
We look forward to your participation!

▪Date: May 23, 2021 (Sunday) 19: 30-21: 00 (online, Zoom)
▪Guests: International volunteer Organization APOLLO, Infinite Connection, Otro Camino-SDGs OBIRIN, Student International Volunteer Individual Organization, One Step
▪How to participate:
Please apply from the Google form below by Wednesday May 19, 2021.
https://forms.gle/7Fbje6VhZ5VuR2r67


【Topic 4. Project Introduction Vol.2: Atsabe Rural Development Project for Improvement of Agricultural Water Supply System】
Project Introduction Vol.2 at Care International Japan is “Atsabe Rural Development Project for Improvement of Agricultural Water Supply System” taken place in the Democratic Republic of Timor-Leste!

Asabe County, Ermera Province, located 45 km southward of the capital, Dili, is a rural area where most of the residents are small-hold farmers suffering from poverty. The county has low agricultural productivity, and the standard of living is far from how it’s supposed to be. Various factors are causing the difficulties in agriculture, such as unseasonable weather due to climate change and lack of water during the dry season. It’s important to diversify the agricultural products to create an environment where people can harvest agricultural products throughout a year, rather than depending on the rainy season to grow grains. To do so, improving the agricultural water supply system is essential so that farmers no longer suffer from the lack of water during the dry season.

In addition to low living standards, there is a big difference in the agricultural productivity of male and female farmers by 31%. Female farmers are mainly responsible for water fetching and watering plants, which require heavy labor. By improving the agricultural water supply system, however, female farmers can be free from those tasks. The improved water supply system can ease the numerous agricultural works as well as housework for women, and yield the time for tasks other than water fetching. It will benefit not only female farmers for their improved productivity but also the entire community in the long term.

<Our Actions>
●Conserve the sources of water, and build water storage tanks and waterways.
●Set up the “drip irrigation” to achieve the efficient use of water in the farms.
●Establish a Water Management Committee inside the farmers’ group to sustain the drip irrigation system and improve their agricultural skills.
●Offer education in gender equality etc. to the members of the Water Management Committee as well as people in the community.

*What is “Drip irrigation,” which benefits women?
Drip irrigation is a watering system that sets the water tubes all over the farmland and water the roots of the plants directly through the halls in each tube. Compared to sprinklers, it saves water by reducing the amount of water evaporating and draining into the deeper layer of soil because it enables to water the roots of the plants directly. The main advantages of drip irrigation are water conservation and energy-saving characteristics, considering that 70% of world water consumption is for food production. Additionally, as it utilizes the difference in the height of land, drip irrigation achieves a low-cost and labor-saving watering system. It, in the future, can free female farmers from heavy labor such as water fetching and watering.

【Topic5. Other Information】
・Our Walking Partner’s activity
Many enterprises are backing this “Walk in Her Shoes” campaign.
We are sharing interviews with Walking Partners; the companies of which employees are joining the campaign as group. Here are the interviews with some of our Walking Partners.
〜Deloitte Tohmatsu Group〜
https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_wp_deloitte.html

・ Click here for the back number of the WiHS newsletter
Vol.1 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol1.html
Vol.2 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol2.html
Vol.3 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol3.html
Vol.4 → https://www.careintjp.org/walk_in_her_shoes/info/wihs2021_m_vol4.html

・Official SNS of the “Walk in Her Shoes” campaign
We are energetically updating them. Follow and give us a like!!
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/carewihs/
Instagram ⇒ https://www.instagram.com/care_wihs
Twitter ⇒ http://twitter.com/care_wihs

And finally, thank you so much for reading through to the end of WiHS newsletter vol.5.
We would appreciate it if you could support our campaign all the way to May 31.


関連情報

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: wihs@careintjp.org
ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 「国際COVID-19サミット:パンデミックの終息とより良い復興」に関する要望書を提出しました

    「国際COVID-19サミット:パンデミックの終息とより良い復興」に関する要望書を提出しました

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    【12月開始】ファンドレイジング・インターンを募集します

  • アフガニスタン情勢:生徒たちが学校に戻れるのかを注視しており、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

    アフガニスタン情勢:生徒たちが学校に戻れるのかを注視しており、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

  • アフガニスタン情勢:人道支援がこれまでにないほど求められています

    アフガニスタン情勢:人道支援がこれまでにないほど求められています

  • 【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

    【重要】緊急事態宣言延長に伴う業務体制についてのお知らせ

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE