寄付で支援する
Facebook
Twitter

ウォーキングパートナーの取組紹介vol.8〜デロイト トーマツ グループ編〜Walking Partner's action, Deloitte Tohmatsu Group

English follows Japanese.
3月8日の国際女性デーから実施中の歩く国際協力「Walk in Her Shoes」キャンペーンには、多くの企業様にもご協力いただいています。その中で、社員さまが団体参加をする「ウォーキングパートナー」のお取り組みについて、シリーズで紹介します。
第8回は、女性活躍推進の取り組みの一環としてキャンペーンに参加したデロイト トーマツ グループさんです!

🎤まずは、参加企業さまのご紹介
をお願いします。 
  Can you please introduce your Corporation?

デロイト トーマツ グループは、全世界150ヵ国以上で33万人超の専門家を擁する、世界最大規模のビジネスプロフェッショナルネットワーク「デロイト」の一員です。日本を拠点としている当グループは、約14,500名の専門家を擁しており、日本最大級の総合プロフェッショナルファームとして、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するサービスをクライアントに提供しています。

Deloitte Tohmatsu Group is a member of "Deloitte"-the world’s leading network of business professionals, with more than 330,000 professionals in more than 150 countries worldwide. Based in Japan, our group has approximately 14,500 professionals, as one of the largest professional services groups in Japan, around the scopes of Audit and Assurance, Risk advisory, Consulting, Financial Advisory, Tax and related services.

 🎤キャンペーンご参加の決め手は何でしたか。
   What are reasons for participating in the campaign?

デロイト トーマツ グループでは、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を重要な経営課題の一つと位置づけ、一人ひとりが最大限のバリューを発揮できるインクルーシブな環境創りや風土実現に向けて取り組んでいます。
ジェンダー、言語・カルチャー、 LGBT+、障がいなど、さまざまな分野でD&I推進に向けて取り組んでいる中、今年は3月8日~12日をIWD(国際女性デー)Weekとして、女性活躍推進についてあらゆる角度からのアプローチをしました。今回の参加はその一環です。「誰もが挑戦できる環境の創出」という意味を込めて3月10日のランチタイムに開催したオンラインイベント【#SupportToChallenge】では、マーケティング部長の高木美代子様にご登壇いただき、CAREの活動紹介と今回のWalk in Her Shoesキャンペーンについて詳しいお話をお伺いしました。

Deloitte Tohmatsu Group positions Diversity & Inclusion (D&I) as one of the important management strategies and strives to achieve an inclusive workplace and culture that allows everyone to demonstrate their full potentials.
While empowering D&I in various fields such as gender, language and culture, LGBT+, and people with special needs, the IWD (International Women's Day) Week was held from March 8 to 12th this year, to further empower gender equality from all kinds of angles. Participation in the Walk in Her Shoes Campaign is one of the efforts. Under the theme of “#SupportToChallenge,” an online event held on March 10 during lunch time to empower "creating an environment where everyone can take on challenges", Ms. Miyoko Takaki, Marketing Manager at CARE International Japan, spoke about CARE's activities and explained about the campaign in detail.

 🎤キャンペーンに関わる社内でのお取り組みについて教えてください。
  Please tell us in-house actions for the campaign.

当グループ参加者81名のうち、13名は障がいのあるメンバーが【農園&マッサージチーム】として参加中です!全盲のメンバーも伴歩ボランティア協力のもと14,570歩/日という記録を樹立し、大きなインパクトを創出。障がいのあるメンバーが運営する農園では、キャンペーン案内の前に、空バケツを持って石ころだらけの土道を水くみ場まで行き、水を入れて戻るという「バケツリレー」を実施し、水汲みの大変さを体感しました。また、メンバーの取組姿勢を頼もしく感じたご家庭では、時計タイプの万歩計購入や歩数集計表のオリジナル作成など、家族ぐるみの支援が生まれ、更なるインパクトが広がっています。障がいによって自身が助けてもらう機会が多いからこそ、「今度は自分が人の役に立ちたい」という気持ちが奮い立つエンパワメントの機会となっており、「一人ひとりのペースで貢献できる」というキャンペーンの素晴らしさを強く感じております。

Among 81 participants from our group, one of the teams is “Farm and Massage Team” with 13 members with special needs. A visually impaired member working at the massage room at Deloitte Tohmatsu Group set a record of 14,570 steps per day with a help from a volunteer walker, creating a huge impact. Before the campaign, in the farm managed by the team, the members had a "bucket relay" where they took an empty bucket along a gravel path to a water fountain, filled the bucket with water, and returned to understand the difficulties of girls and women fetching water every day. The impact of the project has spread to other families, who have been encouraged by the members' efforts, and have begun to support the project by purchasing pedometers to count the steps easier and creating their own original step count sheets. Because there are many opportunities for people with special needs “get” support from other members of the society, a chance for them to “provide” support to other members of the society has been inspiring and empowering. We appreciate the campaign where each member can "Contribute at the pace of each individual".

関連情報

ニュース一覧に戻る

最新のニュース

  • 「国際COVID-19サミット:パンデミックの終息とより良い復興」に関する要望書を提出しました

    「国際COVID-19サミット:パンデミックの終息とより良い復興」に関する要望書を提出しました

  • ファンドレイジング・インターンを募集します

    【12月開始】ファンドレイジング・インターンを募集します

  • アフガニスタン情勢:生徒たちが学校に戻れるのかを注視しており、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

    アフガニスタン情勢:生徒たちが学校に戻れるのかを注視しており、女子生徒が自宅待機になっていることを深く憂慮しています

  • アフガニスタン情勢:人道支援がこれまでにないほど求められています

    アフガニスタン情勢:人道支援がこれまでにないほど求められています

  • 【重要】緊急事態宣言解除に伴う業務体制についてのお知らせ

    【重要】緊急事態宣言延長に伴う業務体制についてのお知らせ

あなたのチカラで
女性と女子を支える

最も弱い立場におかれた女性と女子に支援を
届けるために、あなたのサポートが必要です。
月1,000円からのサポーターになりませんか?

寄付について詳しく知る

©︎Juozas Cernius/CARE