生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
東日本大震災ブログ

野球スポーツ少年団に倉庫を寄贈(山田町)

[ 2012.3.19 ]

山田町はスポーツ少年団の活動が盛んな町で、町内だけで20を超す各種スポーツのチームが結成されています。しかし昨年の大震災では多くのチームが被災し、備品、道具等を失いました。全国からの支援もあり、活動に必要なものも徐々に揃ってきてはいるそうですが、まだ、足りないものも多くあります。
CAREも、子どもたちの楽しみの場であり、学外教育の場となるスポーツ少年団の活動を支援したいと、山田北野球スポーツ少年団にプレハブ倉庫を1棟、寄贈させていただきました。

町内の野球チームには、震災後、観光協会が小さな球児たちのために行った支援の呼びかけを通じて、全国からバットやグローブ、ユニフォームなど暖かい支援の品が集まってきたそうです。今回、寄贈する倉庫は、たくさんの方々の気持ちがこもった用具を一箇所に保管するためのものです。

3月18日に、倉庫は地元の皆さん自らの手で組み立てられ完成しました。
現在、山田北野球スポーツ少年団は、山田町内の他地区のチームと合同で活動されており、代表の白野さんは「地域の皆さんで一緒に活用していきます」と仰ってくださいました。

監督さんや父母の皆さんの指導のもと、これからも野球を通して子どもたちが様々なことを学び、地域を明るくして行ってくれることと思います。


山田北野球チーム代表の白野さん。
完成した倉庫の前で。










関連リンク
CAREの活動を支援する
東日本大震災被災者支援事業

本件に関するお問い合わせ先

Tel: 03-5950-1335 広報担当

-->
  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg