生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

『CAREスマイルギフトキャンペーン2012』は、日本全国から総計1,771,135円のご寄付を頂き、目標額100%=710人分の子どもたちの学用品資金を達成して、2013年3月31日(日)、無事終了いたしました。
本キャンペーンでは、参加費の他にも、心のこもった手作りの文具や現地の子どもたちに向けた力強いエール=メッセージ・カードなどを沢山、お寄せいただきました。皆様から託していただいたこれらの温かいご支援と励ましは、アジアの小さな島国の未来を担う子どもたちに、学用品と共にしっかりと届けさせていただきます。
多くのご支援、ご参加、誠にありがとうございました!

『CAREスマイルギフトキャンペーン2013』は、9月8日の「国際識字デー」にあわせて開始いたします。
2013年も支援者の皆さまと一緒に、多くの笑顔を東ティモールに咲かせたい。
そのような想いで現在CARE東ティモールとともに準備を進めています。
開始の際には、改めて本ページでお知らせいたしますので、ご一緒に大きな笑顔を咲かすべく応援をよろしくお願いいたします。

100%image.bmp

モノが溢れる日本。
でも東ティモールの子どもたちは、「自分のモノ」を何一つ持っていません

今年、独立10周年を迎えた東ティモール。アジアで一番新しい国は、同時にアジアの最貧国とも言われ、厳しい経済状況あります。そんな東ティモールの希望であり財産ともいえるのが、人口の46%を占める15歳以下の子どもたちです(日本は13%)。この子どもたちが近い将来、東ティモールの国づくりの礎となるのです。しかしながら、多くの子どもたちは「自分のモノ」を持っていません。特に学用品の不足は顕著で、十分な教育を受けられない子どもも多くいます。皆さんのチカラで、東ティモールの未来を担う子どもたちをサポートしてください。

東ティモールの情報はコチラ

ジュディス・マダレナちゃん(14)のこと

ジュディスちゃんは、東ティモールの首都ディリから150キロ近く離れたボボナロ県リタボウ村で農業を営む両親のもと、6人兄弟の3番目として生まれた女の子です。ジュディスちゃんは学校が大好きでしたが、7歳のときお父さんが亡くなり、5年生で小学校を中退。その後はおじいさん、おばあさんの畑仕事を手伝っていました。

そんなジュディスちゃんに、友だちは遊びや裁縫のクラスのこと、学校農園のこと、そして演劇や合唱など学校での活動について教えてくれました。これらはCAREの教育プログラムで、この活動がはじまってから学校がどんなに楽しくなったか、生き生きと話してくれました。ジュディスちゃんは制服を着た友だちを心からうらやましく思いました・・・・(続きはコチラ

ゼファニアさん(16)のこと

zefania_reading.bmp

救い主クロコダイル/ラファエック(テトゥン語でワニの意)

2006年東ティモールを政治危機が襲いました。当時10歳だったゼファニアちゃんは、首都ディリの小学校の5年生でした。銃撃の音や逃げ惑う市民の騒ぎに怯え、よく眠れなくなりました。この時のトラウマで、ゼファニアちゃんは記憶を失ってしまい、読み書きを忘れただけでなく自分の名前や両親の名前すら忘れてしまったのです。

ゼファニアちゃんの生活は一変しました。学校にも通えなくなり学校の勉強からも取り残されてしまいました。心配したお母さんがゼファニアちゃんのためにいろいろしてくれましたが・・・・(続きはコチラ)

ジュディスちゃんのような子どもたちにも、学校で学ぶ楽しさや喜びを伝えたい

CAREスマイルギフトキャンペーンは、東ティモールの子どもたちが新学年に進級する毎年1月に、日本から登校用カバンと学用品のセットを贈り、子どもたちの学習意欲の向上と貧困世帯における負担軽減を促すとともに、日本においても、国際協力への参画や国際理解教育推進を図ることを目的に実施されます。

ギフトは、CARE東ティモールが実施する教育支援事業「Young Women’s Education in a Young Nation」を通じて、小学5年生と6年生、計710人の子どもたちに届けられます。贈呈の様子など支援の過程については、当財団facebookで随時お伝えしていきます。

キャンペーン参加方法

下記

より、2,000円のキャンペーン参加費を支払います。

CAREのウェブサイトやfacebookにて、東ティモールの子どもたちの様子やキャンペーンの進捗状況をフォローください。

CAREより領収書とキャンペーンオリジナルステッカーが届きます。
※当財団へのご寄付は、確定申告の際、寄付金控除の対象となります。

新学期スタートに合わせて、東ティモールの子どもたちにギフトが贈られます。

参加者の皆さんには、メール経由で東ティモールの子どもたちからの
サンキューレターをお届けします。

710
0

710
0

   駐日東ティモール大使からのメッセージ

あなただけのオリジナルギフトを当財団にお送り下されば、かばんと一緒に子どもたちにお届けします!

オリジナルメッセージカード(1枚)

(メッセージは当財団で訳させていただきますが、簡単な英語かポルトガル語で書いていただいたメッセージはそのままお届けします)

あなただけのオリジナル文房具セット(下記参照)

ペンケース(布)、HBえんぴつ5本、えんぴつ削り、けしごむ、定規(15cm程度)、A4ノート横掛け

送付先

お名前(送金者と同一のお名前)、お電話番号、メールアドレスをご明記の上、元払いにて下記住所までお送りください。

171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5F
ケア・インターナショナル ジャパン スマイルギフト係

※参加費2,000円を支払われた方からのみ、上記ギフトを受け付けます。また、上記物品以外のギフトは一切受け付けておりません。

皆さまからの参加費2,000円の主な内訳は、次の通りです。

日本国内における必要経費

登校用かばん製作費

CARE事務所から倉庫(都内)輸送費

輸送用梱包材

都内倉庫保管料

国内通関経費

輸送保険料

輸送費

通信費・活動報告費

東ティモールにおける必要経費

東ティモールでの通関経費

東ティモール国内輸送費
(車両借入費、ドライバー人件費、燃料費)

現地配布経費(バイク燃料費、人件費)

通信費・活動報告費 

1,500円
(事業費)

東ティモールの子どもたちへの支援を含む
アジアにおけるCAREの国際協力活動への寄付

500円
(ご寄付)

【協賛企業】(50音順)

アスクル(株)

(株)大塚商会

大日本画像2.bmp

大日本土木株式会社  

飛島建設ロゴimage.bmp

飛島建設株式会社  

logo_with_name.bmp

公益財団法人日本手芸普及協会



 50音順   
biznet_web.bmp

ビズネット株式会社

PLUSロゴマーク横長.bmp

プラス株式会社

JointexLogoImage.bmp

プラス(株)ジョインテックスカンパニー

ペンテル画像.bmp

ぺんてる株式会社

【後援】

後援:駐日東ティモール民主共和国大使館
(画像は駐日大使イジリオ・コエーリョ氏と国章)

日本東ティ準備会ロゴImage2.bmp

日本・東ティモール協会設立準備事務局

本ウェブページの作成には、デザインボランティアの前田千晶様と菊池晶子様がご協力くださいました。