生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

「~Lolo sae~ 東ティモールの日の出」フォトジャーナリスト 佐藤慧

©Kei Sato

01
01
©Kei Sato
ペンを握るその手には、沢山の未来も強く握られている。

©Kei Sato

02
02
©Kei Sato
「この国の未来のために英語を学んでるんだ」と、
田舎で声をかけられた。

©Kei Sato

03
03
©Kei Sato
真っ直ぐな瞳に吸い込まれるようにシャッターを切った。

©Kei Sato

04
04
©Kei Sato
力強く、穏やかな瞳、日々、命。

©Kei Sato

05
05
©Kei Sato
突然外国人のやってきた教室を興味津々に覗きこむ。

©Kei Sato

06
06
©Kei Sato
真っ直ぐな謙虚さと、
恥じらいと、誠実さが静かに空気を伝わってくる。

©Kei Sato

07
07
©Kei Sato
祖国独立のために戦い抜いた政党、
フレティリンの意思はひとつの哲学として今も息づいている。

©Kei Sato

08
08
©Kei Sato
家族という温かな関係性があちこちに溢れている。

©Kei Sato

09
09
©Kei Sato
安心しきった空間で、よく遊び、よく寝て、子どもは育つ。

©Kei Sato

10
10
©Kei Sato
曇りのない瞳には、どんな明日が写っているのだろう。

©Kei Sato

11
11
©Kei Sato
鮮やかな緑を纏った自慢の野菜と一緒に記念撮影。

©Kei Sato

12
12
©Kei Sato
1991年11月12日、
独立を求める人々が数多く殺された墓地、サンタクルス。

©Kei Sato

13
13
©Kei Sato
「ヘイ、一枚撮っていけよ」と
インチキくさい家の窓辺でカシャリ。

©Kei Sato

14
14
©Kei Sato
年下の子の面倒は年長の子がみるのがあたりまえ。

©Kei Sato

15
15
©Kei Sato
サッカーはどこにいっても子どもたちの一番人気。

©Kei Sato

16
16
©Kei Sato
人口ピラミッドが日本とは真逆の若者の国では、
ボクシングも熱狂的な人気を誇る国民的スポーツだ。

©Kei Sato

17
17
©Kei Sato
「東ティモールの独立闘争は100万人の国民の独立を賭けた戦いであると同時に
人類全ての誇りをかけた戦いでもあったんだ」、社会活動家のゼキトさんはそう語る。

©Kei Sato

18
18
©Kei Sato
小さな島の東半分で、山と海に抱かれるように人々は暮らしている。

©Kei Sato

19
19
©Kei Sato
山間部の集落では米作りなどの農業も盛んだ。

©Kei Sato

20
20
©Kei Sato
急速に経済が発展しつつある東ティモールは、
激しい変化の時を迎えようとしている。

「~Lolo sae~ 東ティモールの日の出」フォトジャーナリスト 佐藤慧

「lolo sae(ロロサエ)」という言葉がある。東ティモールで話されているテトゥン語の言葉で、「日の出」を意味する。東ティモールは、21世紀で初めての独立国家だ。細かい歴史は他に譲るが、独立闘争の間に数えきれないほどの血と涙を流してきた。約20万人とも言われる犠牲の上に築かれた独立は、昨年10周年を迎え、いよいよ本格的に未来を描き出そうとしている。ケア・インターナショナル・ジャパンのプロジェクトと共に訪れたのは、東ティモール東部の田舎に位置するひっそりとした小学校だ。日本からの支援による学用品を、貧困地域の子どもたちに届けるというのが今回の目的であり、僕の仕事はその撮影だった。変わりゆく窓の外の景色に目を奪われながら、この国のことを考えた。この国の面積、人口は僕の故郷、岩手県とほぼ同じだ。その小さな社会が、命を賭して独立を成し遂げたことは奇跡のように思える。2013年1月には最後まで残っていた海外の治安維持部隊も撤収し、街には平和な空気が漂っていた。近代的なショッピングモールには最新の輸入商品が並び、地元のマーケットには変わらぬ笑い声が響く。急激な経済の変化に見舞われているとはいえ、そこにあるのは戦争とは無縁の長閑な風景だった。

 今にも崩れ落ちそうな山道を四駆で駆け上がっていく。ところどころに見える真新しい電柱は、ここ最近電気が普及してきた証だ。標高が上がるにつれ、べったりと肌に張り付いていた湿気は薄れ、濃い緑から生まれる清々しい空気が辺りを包む。世界の頂きのような切り立った尾根から覗く景色は、どこまでも静かで、平穏な世界を象徴しているようだった。小学校が見えてきた。沢山の子どもたちが外で僕達を出迎えてくれた。伝統衣装に身を包む女の子たちが、楽器を鳴らしながら体を揺らす。突然現れた珍しい来客に、近所の人々も集まってくる。贈呈式の行われた教室の外には人だかりができ、中で何が行われているのか、必死に覗き込もうとしている子どもたちの眼の輝きに笑みが溢れる。渡された学用品を手にとった子どもたちは感嘆の声を上げ、さっそく日本の支援者へのお礼の手紙を書き始めた。一本の鉛筆、ひとつの消しゴム。日本ではなんでもない単なる文房具が、ここでは子どもたちの未来を紡ぐ貴重な道具だった。
住民の約1/3の命が失われた戦争が終結し、現在の東ティモール人口の60%は20歳以下だという。どこへ足を運んでも、大名行列のように学校に通う子どもたちの姿があり、沢山の笑い声が響いていた。未来とは何だろう。それは、これから先を生きる人々、そのひとりひとりの希望のことを言うのではないか。数えきれないほどの大切なものが奪われた東ティモールだからこそ、人々は未来に希望を抱いている。そして、その希望を担うのはこれからを生きる子どもたちだ。教育支援とは、未来を支えることなのだと、深く実感した。東ティモールの「lolo sae(日の出)」は始まったばかりだ。

佐藤 慧氏(プロフィール)

1982年岩手県生まれ。米国のNGOに所属して、南部アフリカ、中米の地域開発事業、ザンビア共和国の学校建設プロジェクトに携わる。
2010年studio AFTERMODEに入社し、フォトジャーナリストとして活動を開始。写真と文章を通じて、人間の可能性、命の価値を伝え続けている。
2011年世界ピースアートコンクール入賞。