生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
参加する

学習雑誌「ラファエック」

「ラファエック」とはテトゥン語でワニの意。
ティモール島はワニからできた島だと言い伝えられ、ワニは神聖な動物とされています。


児童向け「ラファエック」

「トリを数えてみよう!」
数え終わったら、好きな鳥の絵を書いてもいいよ。


成人向け「ラファエック」

「将来のため、貯金しましょう」

東ティモールの農村の多くにはマイクロクレジット(貯蓄・貸付組合)のシステムがあります。ここでは、エルメラ県の組合を紹介。 世帯あたりの収入向上をめざして組合を結成し、今では共同農場の開発や市場での販売も軌道にのり、世帯あたりの収入増加のほか、組合の原資も着実に増えているそうです。


教師向け「ラファエック」

「読み方」「数え方」

「読み方」や「数え方」を生徒に教える時、どのようにすれば生徒が主体的に学び、修得できるのかを、写真で詳しく説明しながら提示。 教師向け「ラファエック」は、指導要領として使われています。


スマイルギフトキャンペーン・ページに戻る

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg