生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

実施プロジェクト

日本のCARE(ケア・インターナショナル ジャパン)が実施しているプロジェクト

支援
実施

学校がないから建てる、森林の伐採が進んでしまったから植林する。果たしてそれだけで、現在起こっている問題が解決するのでしょうか。 CAREの進めるRBA(Rights Based Approach)では、住民自らが、そこに住む人としての自らの権利として、コミュニティの抱える問題について考え、自分たちの手で将来を切り開いていくための場を提供しています。私たちの活動は、コミュニティの人々が自ら問題を解決していく過程を支援し、人々の生きるチカラを引き出し、支えていくことです。

ケア・インターナショナル ジャパンは、ミッションである貧困の根源の解決に向け、途上国において災害時の人道支援を行うとともに、「女子教育」、「女性の生計向上」、「母子保健」、「女性のエンパワメント」などの分野に注力し、最も困難な状況にある人々の自立を支援しています。

現在のプロジェクト

ケア・インターナショナル ジャパンが現在実施中の支援プロジェクトです。

プロジェクトアーカイブ

これまでのプロジェクトの一覧はこちら

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg
-->