生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。

シリア、ヨルダン、レバノン、エジプト:シリア緊急支援

期間
2012年~期間の特定無
地域
ヨルダン、レバノン、トルコ、エジプト、シリア
対象者
シリア難民及びシリア国内避難民
ドナー
各国のケア・インターナショナルメンバー国等
事業規模
USD200,000,000

事業の背景

syria1.jpg

冷戦終結以降、最悪の人道の危機と言われるシリア内戦から4年が経過し、出口の見えないまま、情勢は益々悪化しています。60%以上の医療機関が破壊される等社会経済的インフラは壊滅的なまでに破壊され、食糧不足は慢性化した問題となっています。また、現在までに100,000人以上が内戦で命を奪われ、700万人が家を追われ難民となっています。シリアから逃れてきた難民のうち4分の3が女性と子どもであると報告されおり、女性や子どものニーズや権利に特に配慮した支援が必要です。
CAREはシリア国内及び周辺国であるヨルダン、レバノン、エジプトにおいて食料配布と生計活動、避難所サービス、水と衛生活動及び母子保健サービス等の分野で緊急支援を展開しています。

事業目標

シリア内戦の被害者の尊厳と回復力を確保し、内戦の被害を被った地域の社会経済的回復のため被害者のエンパワメントを目指す。

現在までの主な活動

syria2.jpg

CAREは2012年1月から2016年3月までの約4年間に、ヨルダン、レバノン、トルコ、エジプトに逃れたシリア難民及びシリア国内の国内避難民約234万人に支援を届けてきました。シリア及びシリア周辺各国では以下の活動を展開してきました。

1.ヨルダン

(1)現金支給支援:
当面の生活の保障を目的に、約34,000のシリア難民世帯と約9,900のヨルダン国内の生活困窮世帯を対象に、緊急の現金支給を行いました。

(2)越冬対策支援:
越冬対策として、現金を支給するとともに、暖房器具、燃料交換券、毛布、マットレス等を現物支給してきました。具体的には、約5万2千のシリア難民と約1万7千のヨルダン国内の生活困窮者が越冬対策の支援を受けました。

(3)教育支援:
児童労働を防ぎ、就学期にある子どもの教育支援を目的に、就学期児童のいる約570のシリア難民世帯を対象に学費の支給を行いました

(4)情報照会サービス支援::
難民にとり生活上の必須情報である、保健サービス、法律サービス、その他社会的支援へのアクセス情報について、情報照会サービスを行いました。

(5)職業訓練支援:
難民の生業状況の向上を目的に、約900人のシリア難民に対して職業訓練を実施してきました。

2.レバノン

(1)水と衛生支援:
レバノン内29の市町村で、上水道やトイレ施設等のインフラの改修を実施してきました。併せて、世帯、学校、地域単位で衛生啓発活動を実施してきました。

(2)現金支給支援:
約10,600のシリア難民を対象に、緊急の現金支給を行いました。

(3)シェルターと生活用品支援:
生活支援として、毛布、マットレス、台所用品等を配布し、21,000人以上のシリア難民が裨益しました。

3.トルコ

(1)食糧支援と生業支援:
食糧配布を行うとともに、食糧、衣服、衛生用品等の生活必需品の無料引換券を配布してきました。これにより約28,000人のシリア難民が支援を受けました。

(2)情報照会サービス支援:
シリア難民のボランティアを養成することで、難民にとり生活上の必須情報である、保健サービス、法律サービス、その他社会的支援へのアクセス情報について、ボランティアを通して、シリア難民に情報を拡散してきました。併せて、地域ごとに、心のケアのサービスをシリア難民ボランティアを通して行いました。

4. エジプト

(1)性差に基づく暴力の防止支援:
シリア難民を対象に、性的搾取やあらゆる形態の性差に基づく暴力を防止するための啓発活動を、カウンセリングや心のケアのサービス等を通して行いました。

(2)経済的機会の提供支援:
収入創出と生活の基盤作りを目的に、緊急的な現金支給を実施するとともに、より長期的な視点に立ち、更なる経済活動の機会を特定してゆく支援を行いました。

5. シリア

(1)保健サービス支援:
シリア国内のパートナー団体を通して、無料の初期保健及び母子保健サービスを実施してきました。

(2)安全な飲料水支援:
安全な水を確保するため、上水道の修繕や衛生啓発を行いました。これにより、約24,000人のシリア国内避難民が支援を受けました。

(3)食糧支援と生業支援:
緊急的な食糧配布を行うとともに、食糧生産性の向上、収入向上、地域経済の復旧等の長期的な生業支援を実施してきました。これにより、約595,000人のシリア国内避難民が支援を受けました。

(4)生活物資の配布支援:
シリア国内のパートナー団体を通して、乳幼児キット、女性や高齢者用キット、越冬のための物資、衛生用品等を配布してきました。これにより、225,000人以上のシリア国内避難民が支援を受けました。

関連情報

「シリア緊急募金」のお願い ~CAREは、シリア難民の解決と周辺国での支援活動への更なる支援を求めます。

シリア危機:ヨルダンの難民キャンプに逃れた新婚カップルのストーリー

シリア危機:ヨルダンの難民キャンプ開設から1年

実施プロジェクトを支援する方法

CAREのサポーターになって活動を支えるさまざまな方法があります。

支援する >>

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg