生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
支援者の声

未来へ繋ぐサポーター

未来へ繋ぐ『継続的な寄付』でご支援くださっている方の声

正井 達雄さん(60代、大阪府)

3~4年前、新聞かパンフレットでCAREの活動を知りました。その呼びかけに感じるものがあり、まれにわずかの寄付をするようになりました。おそらく50代後半という年齢が影響していたのでしょう。

それまで、ニュースで国内外の災害等を見聞きして気の毒に思うことはあっても寄付をすることはありませんでした。しかし不思議なことに、少しは人のために、と思うようになったのです。

マンスリーサポートを始めたのはつい最近、気まぐれ寄付より少額でも定期寄付の方がよいだろうと考えたからです。

CAREは災害等に機敏で、活動内容の報告もきっちりしているのがよいです。微力が集まると何らかの力になると信じています。

未来へ繋ぐサポート

『継続的な寄付』でご支援いただく方法には、会員やマンスリー・ギビング・プログラムなどがあります。
寄付金の変更や停止はいつでも可能です。

CAREマンスリー・ギビング・プログラム

ケア・インターナショナル ジャパン会員制度


  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg