生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
WiHSmain2019b.jpg

Walk in Her Shoesとは

Walk in Her Shoes ―彼女の身になって歩く ―

安全な水を手に入れることが難しい地域の女性や女の子は
毎日約8,000歩(約6キロ)の道のりを歩きます。
教育や仕事など、人生のたくさんの機会を
「水汲みのための時間」に費やしています。

歩く国際協力「Walk in Her Shoes」 キャンペーン
そんな世界の”彼女”たちの気持ちを想像しながら
普段の生活の中で好きな時に、好きな場所で歩くだけの
シンプルで健康的な国際協力です。

本キャンペーンの参加費のうち、経費を除く収益は、 途上国や紛争・災害地域において、 困難な状況にある女性と女子の自立を支援する、 ケア・インターナショナル ジャパンの活動に 充てさせていただきます。

もっとWalk in Her Shoesについて知る

WiHSなぜキャンペーンに参加するの画像b.jpg

参加方法  「4つのうち、お好きな方法で協力できます!」


1.好きな時間、好きな場所で歩く

1.sukina680.jpg wihs2019_peatix wihs_report2019 wihs2019_team


2. チャリティイベントに参加する

2.event680.jpg whis-iwd2019 toshima_sakurawalk.html2019


3.自分で企画して寄付を集める

challenge0123.jpg wihs_challenge2019 wihs_challenge_event2019


4.「C」の写真を投稿する

4.photo680.jpg instagram facebook twitter mail wihs@careintjp.org photo_viewer




「Walk in Her Shoes2018」参加者から寄せられた声

私は毎日約 20,000 歩、歩きました。それでも結構辛かったですがこれに加えて重い水を頭に乗せながら歩いている女性の事を思うと、世界には私達の知らない世界がまだまだたくさんあるのだと気付きました。


この活動は、恵まれた環境の中で、便利な交通機関に頼ってしまう私達に、歩く機会を提供し、現地の少女達の気持ちを少しでも感じさせてくれました。


自分の出来ることで多少でも社会の役に立てれば、と始めましたが、自分に利することが大きく、感謝しています。継続は力なり。これからも歩きます。ありがとうございました。


これまでのWalk in Her Shoesキャンペーン

Walk in Her Shoes 2018

歩く国際協力「Walk in Her Shoes 2017」国際ガールズデー・キャンペーン

Walk in Her Shoes 2017

Walk in Her Shoes 2016

Walk in Her Shoes 2015

Walk in Her Shoes 2014

Walk in Her Shoes 2013

Walk in Her Shoes 2012




本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
キャンペーン担当
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
e-mail:wihs@careintjp.org
twitter: care_wihs facebook: www.facebook.com/CAREjp instagram: care_wihs


123
123599414
16
428

123
123599414
16
428

123
123599414
16
428

123
123599414
16
428

歩数を登録する.jpg 私たちも応援しています Walk in Her Shoes ジュニアアンバサダー



--------------------------------------

▼特別協賛

味の素株式会社

カランマス・セジャトラ社
三菱商事

--------------------------------------

▼協賛

アサヒ
花王
kanebo
セガサミーホールディングス-[更新済み].gif
ナビタイムジャパン
森永乳業
ヤマノ
Aden&Anais

--------------------------------------
--------------------------------------

▼もしあなたの子どもが水くみにいったら・・・

Share

▼ガーナのジェニファーちゃんの1日

Share