生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
企業パートナーシップ

Due Diligence(倫理規範)

ケア・インターナショナル ジャパンでは、法人との連携や支援にあたり、独自に定めたDue Diligence Guidelineに基づき、法人の審査をする場合がございます。支援や連携の種類に応じて、チェック項目は異なりますが、BOPビジネスやコーズ・リレーティッド・マーケティングでの連携など、契約書を結ぶ案件に関しては、より詳細のチェックをさせていただきます。

(参考)チェック項目例(一部抜粋):

✔ 地雷・兵器の生産・販売を行う企業
✔ タバコ産業(生産・販売)
✔ 組換え遺伝子(ターミネーター遺伝子・致死遺伝子)を持つ種子の生産・流通を行う企業
✔ 農薬産業(WHO 1A/1Bガイドラインに反する農薬の生産・販売)
✔ ポルノ産業(ポルノの生産あるいは主な収入源がポルノである企業)
✔ ギャンブル産業
✔ マルチ商法
✔ 児童労働・強制労働を強いる企業(特に調達・生産活動において)



ケア・インターナショナル ジャパンへのご寄付は、確定申告の際に、寄付金控除の対象となります。
詳細については、こちらをご覧ください。



支援や協働についてのご相談やご質問は、下記担当までご連絡ください。

公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン マーケティング部 ファンドレイジング担当
TEL 03-5950-1335(平日10:00~18:30)または 問い合わせフォームをご送信ください。

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • accountability2012.jpg