生きるチカラを信じて支える ケア・インターナショナル ジャパンは、貧困の根源の解決に向け、災害時の人道支援を行うとともに、「女性や子ども」に焦点をあてた活動を通して、最も困難な状況になる人々の自立を支援しています。
学ぶ

世界の現状とCAREの活動を知る
経済 EARN


15,000円で職業訓練を終えた女の子が、
仕立屋を開店するために必要な道具(ミシン等)を配布することができます。
3,000円で女性が稼いだお金を預けたり、
貸し付けたりできる組織を立ち上げることができます。

現状

世界の労働(家事などを含む)の三分の二を女性が担っていますが、女性が手に入れる所得は世界の10%にすぎません。

さらには、女性は世界の食糧の半分を生産していますが、世界の私有財産(農地など)のたった1%未満しか所有していません。
特に未亡人や離婚した女性は土地などの資産を持つことができないため、社会的に弱い立場に置かれがちです。

多くの女性は、収入を得たり生計の手段を広げたりするために必要な教育を受けていないため、自分の力で収入を得ることが難しく、男性のみの不安定な収入に頼って生活しています。
仮に仕事があったとしても、女性が職場で男性と同じ権利を持つことはほとんどなく、女性には収入や地位の低い仕事しか与えられていないのが現状です。



「推定年収1,000ドル未満の国の中で、男女間の格差が大きい5カ国」

課題

女性が生計の手段を持つことができない主な理由は様々ですが、1つとして、社会的・文化的な男女の役割として、「女性は家事労働行うもの」という社会通念が強く、女性が外に出て収入を得る仕事に就くことが難しいということが挙げられます。

このような固定観念が存在するため、女性が収入を得るためのスキルや読み書き能力を身につける機会さえ、制限されてしまうのです。

解決策

女性が自立した生活を営むことができるようにするためには、女性が収入を得るために必要な知識や能力を習得し、家庭だけでなくコミュニティの発展にも貢献できる人材となる必要があります。

同時に、女性の自立やその可能性について、男性を含むコミュニティ全体が理解し、支援できる体制を整えるために、コミュニティ全体を巻き込んだ研修や啓発活動も重要です。

CAREの支援活動事例

ココン州青年男女の能力向上プロジェクト(カンボジア)


  • Learn

まずは世界の現状とCAREの活動を知る

ⒸFaith Amon/CARE

  • Videos

映像を通じてもっと深く知る >>

  • Act

今すぐ行動を起こす >>

  • CAREパッケージ
  • CARE支援組織
  • ジェンダーハンドブック
  • フォトギャラリー
  • お名前

    ふりがな(かな)

    登録メールアドレス(半角)

  • accountability2012.jpg